3ヶ月イギリス留学絵日記

人生の岐路、三十路手前でチョットイギリス留学。留学までのアレコレ、留学生活のアレコレをイラストと写真で紹介!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

☆おしらせ☆

やさしくて、かわいかった祖母がなくなりました。
実家に帰るため2,3日お休み致します。
旅からなんだかバタバタしてすみません…。

rose.jpg




スポンサーサイト
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

お休みします~。

今日は、バタバタしすぎており
走り回っているため
ブログお休みさせていただきます~。

statata.jpg

すみません…。


☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

212:ビバ!!エッフェル塔

212.jpg

エッフェル塔
それはパリのシンボル。

212-2.jpg

約2年前、イギリス留学を終え、日本への帰国の前に
立ち寄ったパリでエッフェル塔の美しさに
魅了され、昼過ぎから夕暮れまでタワーで
過ごしたエッフェル塔。

今回の旅でも登る事に。

私達が登ったのは昼過ぎ。
結構な人が並んでいます。
列に並ぶと丁度前に並んでいるおばあちゃんと孫といった
ような二人連れが。

なにかおかしい。
エッフェル塔に今から登る様な感じではないのです。

というのも孫のもってる荷物。
それはそれは巨大なスーツケースなのです。

なぜ?!なぜ?!それをこんな高い所まで持ってゆく?!
孫よ~。

212-3.jpg

何かよからぬ物でも入ってるんじゃとか、おじいさんが
かくれてるんじゃなどと疑いたい所ですが
列に並ぶ前に荷物チェックがあるのでその心配は
なさそう…。
にしても、デカイ!!!

エッフェル塔って登るのにエレベーターを使うのです。
このスーツケースで大人2人は乗れると見積もれます。
また旅行にいくなら軽く1ヶ月分の衣類が収納できそうな
勢いです。

とにもかくにもスーツケースとともに私達もに上昇。

久しぶりのエッフェル塔。
高いよ~。
足がすくみますが、快感。

212-5.jpg

美しいパリが一望です。

212-4.jpg

高所恐怖症のはずのブリテンちゃん、
エッフェル塔で克服。

ビバ!!パリ!!
ビバ!!エッフェル塔!!

帰り、例の孫とおばあちゃん、例のスーツケースを
赤い顔してヨイショヨイショ運んでます。
にしてもデカイが、それを持ってまで登りたい気持ち、
チョッピリわかります。

今回もエッフェル塔に魅了されたわたくしなのでした。

CHANEL『エッフェル塔ラインストーン付ピアス(小)』おシャネル様もエッフェル塔お好きみたいです。

↓みなさまのクリック、更新の糧です!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

211:パリのチビッコ

211-5.jpg

パリを訪れて思った事のひとつに
子供が多い!
それもそのはず、
何でも今、おフランスではベビーブームだそう。

211-6.jpg

右見てもベイビー、左見てもベイビー。
私も一応、おなごですので小さい子は好きです。
顔がかわいくないと、あやしませんが…。

こんな私もパリのチビッコにはメロメロでした。
とにかくかわいい!
子供らしい子供なのです。
しかもパリのいたる所にある公園は
チビッコ天国なのです。

遊具はこどもたちの群れ。イモ洗い状態です。
何年か前の日本もこんなだったのでしょうか~。

今回はいつもと志向を変えて、旅でつけていた日記の
スケッチをそのままのせてみます~。

まずチビッコの群がる公園での走り書き。
211.jpg


そしてターゲットロックオン!
211-3.jpg

チビッコの眼鏡ってなぜか惹かれます。
キティーのTシャツに前髪パッツンのパツキン。
誘拐。そんな2文字が頭に浮かびましたが、
理性と知性がうまくはたらきました。

こんな変わったチビッコも。
211-2.jpg

何かをブツブツいいながら「ブッ!!」とツバをはいて
公園を徘徊。
なにか悩みでもあるのでしょうか。

一人一人にロックオンするとそれぞれの
かわいさが見えてきて30分以上チビッコウォッチングを
しておりました。

そして、公園からの帰り道。
猫屋敷をのぞく3きょうだい。
211-4.jpg

ニャンコにみられてる…。

とにもかくにも
パリのチビッコはとっても元気でとってもカワイイ!!

パリの子供部屋『パリの子供部屋』さぞかしかわいいのでしょう~。

↓ポチッといつもありがとうございますっ!!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

210:ボンジュール、パリ。

210-5.jpg

留学時にイギリスにいるときはお店に入るのに
挨拶してたっけ??ってぐらいの記憶しかありませんでした。

デモ、おフランスでお店に入る時は必ず
「ボンジュール」とご挨拶をします。

わたくし今回の旅でこの「ボンジュール」が
大好きになりました。

210.jpg

イギリスですと「ハロー」や「ハ~イ」
「ボンジュール」にあたる言葉でしょうか。
個人的にですが、なんだか「ハロー」や「ハ~イ」は
馴れ馴れしい感じがして、知らない人に突然使うのは
なんだかためらわれるのです。

その点、「ボンジュール」って年輩の人にも
ちっちゃい子にも、まるで知らない人にも
気軽に使えるご挨拶な気がするのです。

今回の旅でもアパルトマンの窓から
小さい子が「ボンジュール!!マダ~ム!!」
叫んでいるお姿が。
どうやら私に挨拶してくれたようで
お手てをふりかえしました。
パリの街角での一コマ。
なんだコレは!!CMみたい~。
210-2.jpg

そして、スーパーで。
同じ列に並んでいるおじさんに「ボンジュール」
すると買おうと思っていたガムを買ってくれました。
もう、ラマンになってもいい。というか御願します。

210-3.jpg


おそるべし「ボンジュール」効果。

「ボンジュール」、それは
知らない人でもお友達になれちゃう言葉。
ガムを買ってもらえる言葉。
210-4.jpg

すてきな言葉です。

CD bonjour mademoiselle『bonjour mademoiselle』
パリな雰囲気ムンムン。


↓御陰さまで復活!!有難うございます!!ポチッ!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

209:救世主あらわる

209.jpg


バスはリヨン駅へ…。
ここからホテルまでは徒歩で10分程でつく予定。

10分経過。
着きません。
209-3.jpg

20分経過。
まだまだ着きません。
209-4.jpg

30分経過。
迷子になりました。
209-5.jpg

そこへ救世主登場

「なんか迷ってるの?」と年の頃は30歳前後の
メンズがたずねてきました。
そこで、ホテルに近いメトロの場所を尋ねたのです。
すると、なんとそこまで連れてってくれるというのです。

疑い深いわたくしは警戒体勢に。
なにせ、この時のパリは夏の陽気。
なのにこの救世主、長いコートに皮の手袋にサングラス。
あきらかにズレている。怪しい、マトリックスばりのいでだち。

209-2.jpg

さすが救世主。
でも名前はネロでなく、Davidでした。
救世主である事を信じて付いて行ってみる事に。

Davidはパリのイベント会社のサラリーマン。
私が何回も「用事ないの?時間大丈夫?」ときいたのですが
救世主Davidは「ノ~プロブレム!」といって、
「フォロ~ミ~!!!」とかなりはりきってます。

フォロ~ミ~!から約15分。
着きません…。

救世主、Davidよ…。お前は真の救世主か…。

David、人に聞いてるし…。
知ってるっていいましたよね…。
209-6.jpg

なんやかんやしている内に30分経過。

ホテルの文字が!!
やりました!!
メトロを尋ねたのにいつの間にか結局ホテルまで…。

David、すごい汗です。
そりゃそのはず、1時間近く私達と歩き、
その上、コートに皮の手袋ですから。
新陳代謝も活発です。

その後、みんなで無事到着の写真を撮って、
救世主は皮の手袋を残し、去っていったのでした…。

209-8.jpg

Davidは予言通り、私達を救った真の救世主だったのでした。

209-7.jpg

こうして、パリの一日目は幕を開けました。

マトリックス レボリューションズ(期間限定)【HTP-33209】=>マトリックス レボリューション...『マトリックス レボリューションズ』
私のネロはDavidです。


↓上昇中?!ありがとうございます!!!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

208:旅のはじまりは…

208.jpg


『3ヶ月イギリス留学絵日記』なのでおフランスのお話を
いれようか迷いましたが、今回の旅でこんなに近い国同士でも
こんなに違う!と思った事がたくさんあったので
フランスの旅絵日記もご紹介しちゃいます。

さて、旅のはじまり…。
今回はおフランス7日間、イギリス3日間の日程です。
イギリスは「再会」がテーマなので今回は短めに。

パリは昔から憧れの街。
去年もパリをチョット訪れた時、パリのトリコになったのです。
今回は「もっとパリを知る」をテーマに7日間の滞在。

208-2.jpg

旅は、到着したシャルルドゴール空港での
おフランスの洗礼からはじまりました。

空港でお荷物が出てきません…。
といってもロストバッゲ~ジではなく、
ベルトコンベアーがとまりました。
荷物が出て来る入口をのぞくと、
荷物が詰まりまくってます。荷物一挙に流し過ぎ。

208-3.jpg

乗客は係員に次々と詰め寄りますが、
係員は私はどうもできないわ~って
対応です。おフランスにきた事を実感。

たまりかねた乗客は御自ら
ベルトコンベアーの入口まで入り込んで
詰まった荷物を運び出す始末。
体格のいい係員は動きません。

208-4.jpg

力持ちな乗客のナイスなファインプレーにより
詰まった荷物は取り出され、ベルトコンベアーは
無事、動き出したのでした。

おフランスの働く人たち自分に持ち場に責任感なし。

バスでホテルへ向かう事に。
バスがクラクションをならしながら、止まっちゃたので
道路を見下ろすと、乗用車の運転手同士がケンカしてます。
道をふさいじゃってます。

クラクションにせかされて運転手は車を動かそうと
運転席に戻るのですが、何か思い付いたらしく
また道路にでて物言いをはじめる。

208-5.jpg

この動作×4回。

面白い。
人のケンカは面白い。

バスは花の都パリへと向って走り出したのでした。

初めてのトラベルフランス語会話『初めてのトラベルフランス語会話』

↓久々に本更新デス。ポチッとお願い致します!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

☆★もどりました~!☆★

昨日、ニホン到着いたしました。
向こうからはやはり更新できませんでした…。

000-5.jpg

あんなこと、こんなことたくさんございましたので
早々にアップしたくおもっております!

留守をお守り頂きましてありがとうございました!!

☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

★☆ いってきます~ ☆★

前にもお知らせいたしましたが
ただ今よりジャパン脱出いたします。

イギリス訪問前に実はイギリスより
好きだったりするおフランスに寄ってきます。

000-3.jpg

そして、今回のお出かけに伴い、
2週間程ブログをお休みさせて頂きます~。

もしかしたら向こうで環境が整えば更新させて
頂くかもしれませんが、
ブログも初めての長い休暇となります。

000.jpg

帰ってきたら旅のアレコレをただちにアップしますので
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます!!

いってきま~~す!!
000-1.jpg


フランス直輸入無添加フランスパン(バゲット2本入り)楽天シニア市場フランス直輸入無添加バケット!
バケットむさぼり食いたい


↓ひどくあつかましいですが留守をどうぞお守りください!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

207:ブレナムパレスへゴー!

ブレナムパレスはオックスフォードからバスで
30分くらいのところに位置する宮殿です。
でかい敷地には現在でも公爵の子孫様がお住みに
なられていらっしゃいます。

公爵っていう響きステキです。
たった今、知ったのですが世界遺産に登録されているそうです。

↓子孫の方…。お上品にみえてきます。
207.jpg

当日、いろんな人に「ブレナムいこうよ~」声をかけたのですが
結局、集合してみると私とラーレの2人…。
(ラーレについてはここここここを御覧下さい。)
とにもかくにも宮殿に着く。

宮殿の敷地はそれはそれはひろいのです。
敷地内を小さな電車も走っているのです。
でかすぎる。

正面門まで行くのに羊牧場がひろがる。
羊を見てラーレが質問します。
「ジャパニーズ シープ イズ ライクディス?」
207-5.jpg

ラーレ、ご自分の大きくてかわいいお目目を
おもくそ引っ張ってます。
ジャパーニーズにもお目目がでかい人だっているのです。
ちなみに羊は万国共通おなじ顔です。
優しく諭しました。

そんな会話をしながら門まで到着。
207-2.jpg

門もでかい。

宮殿内には装飾品や当時のお部屋を再現したものなどが
展示してあります。
この辺でラーレ、お疲れ気味。

宮殿内のお庭↓
207-3.jpg

植木が綺麗に手入れされてあって美しい中庭です。
中央には噴水もあり、オスカルな気分をしばし満喫。
この辺でラーレ「たいくつ~」とおっしゃる。

207-4.jpg

そういえば、ラーレはお花とか植物とか大嫌いなのです。
世の中のおなごのなかでお花がお嫌いというお方
初めて出会いました。
どうりで退屈です。

宮殿ちかくから敷地内を走る電車にのって
別のガーデンにいけるのですが、
あまりの疲れっぷりに帰宅したい雰囲気が匂ってきたので、
ブラブラ歩きながら宮殿を後にしました。

宮殿の入口には兵隊さんのコスプレをしたおじさまが
勤務してらっしゃいます。
最後の記念に一緒にお写真をパチリ。

ラーレったら携帯がちょうど鳴ったので
電話しながらおじさんと写ってます。
さすがにおじさんも少しご立腹でラーレにコスプレの小道具の
銃を向けていました。

207-6.jpg

宮殿のレポートほとんどなし…。
私の記憶に残るのはラーレの疲れっぷりだけでした。
そんなブレナムパレスのご訪問でした。

英国貴族に出会う旅『英国貴族に出会う旅』会いたい!会いたい!!

↓いつも応援有難うございます!!!!ポチッ!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

206:ジェントルメ~ン

イギリス、それは紳士のお国。
ジェントルメ~ンのお国。

206.jpg

向こうに行って思った事のひとつに
道行く人がお優しいという事です。

たとえば、向こうでは常識だとは思われる
次の人のためにドアを押さえておいてあげるという行為
ニホンではなかなか押さえていてくれません。
挟まれます。
温和なわたくしもついつい舌打ちしてしまいます。

そしてなにより感激したのは私がデッカイ、デッカイ
スーツケースをエッコラエッコラ運んでロンドンの地下鉄の
階段を登っていた時の事。向こうから来た男の人が
わざわざ戻ってスーツケースを持ち、それはそれは長い
階段の頂上まで運んでくれたのです。

私のスーツケースかんなりの重さでした。
小学生の一人分くらいあったのではないでしょうか。
それをヒョイと持ち上げてくださったのです。

もちろん、フォ~リンラブ

206-2.jpg

こういう事がサラリとできるジェントルメ~ン、
ステキです。

お年寄りに席を譲ってあげるとか
冒頭でかいたドアを押さえておいてくれるとか、
そんな事がとても当たり前にできている人の多い事。

私もいいとこは見習おうと、ニホンでも必ず
ドア押さえしておりますが、頑張り過ぎて
店員とみまごう感じになってしまう事もしばし。

206-3.jpg

サラリと親切で可憐で美しい
ジェントルウ~メ~ンになりたいものです。

SILK HATシルクハット紳士といったらコレ!

↓紳士、淑女の皆様、クリックお願い致します!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

 | HOME | 

Attention

イラスト及び写真は無断で転写、転用、転売する事を禁止致します。 momo

イラスト及び写真は無断で転写、転用、転売する事を禁止致します。 momo

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<--すべての著作権はmomoyoに属します。禁無断転載copyright (C) 2005 Momoyo All rights reserved-->