3ヶ月イギリス留学絵日記

人生の岐路、三十路手前でチョットイギリス留学。留学までのアレコレ、留学生活のアレコレをイラストと写真で紹介!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

239:到着!!

239-4.jpg

バスはオックスフォードの中心のバスストップに到着。

バスを降りると、こんな格好をした学生さんが↓
街中にあふれていました。
239.jpg

オックスフォードについた!!

久しぶりに踏み入る懐かしい街並。
午前中にマザーに会いに行くと約束したので
早速、向かう事に。午前中のタイムリミットがせまってます。
急げ!わたし!

239-5.jpg

クライストチャーチ前のバス停からホストファミリー宅まで
向かいます。
予想通りバスの運賃あがってます。
当時1.20£→1.70£の値上がり。
切符もなぜか巨大化。
239-3.jpg

バス自体も新しくなってる。
239-2.jpg

さすが値上がり効果です。

旅のお供、留学時のクラスメイトのMICKYは
これから1週間は以前のホストファミリー宅に
滞在する予定です。

私もMICKYのお家へおじゃま。
幸運な事に私のホストファミリーとMICKYの
ホストファミリー宅はご近所さんなので、
MICKYに「また迎えにくるね」と言い、
早々に我がホストファミリー宅へ向かったのでした。

239-6.jpg

懐かしいドア。
ベルをならします。
お、おそい。出てこない。

239-7.jpg

早く出てこんかい。

やっとドアがひらくと同時にマザーが「momo~~~!」
雄叫び、感動の再会となったのでした。

239-8.jpg

イギリスわくわく留学『イギリスわくわく留学』あの時のわくわく今、再び!

↓7月最終日!ポチッとランキングに御協力ください!!
スポンサーサイト
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

飲まれてしまいました

本日はハングオーバーによる思考回路停止により、
ブログがかけません…。
バカなわたし。

20060730160244.jpg


☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

238:いざ!オックスフォードへ

238-1.jpg

旅も佳境に入って来たこの日、いよいよ
3ヶ月留学していたオックスフォードへ!

ホストマザーとそしてあんな人こんな人に
会える期待を持っていざ出発!!
今回はブリテンちゃんはロンドンでお留守番。
留学時のクラスメイト、MICKYとの旅です。

ロンドンからオックスフォードへはバスで向かいます。
留学時代は何回かロンドン、オックスフォード間を
行き来しておりましたので乗り場くらいわかると
踏んでいたのですが、乗り場わからず。
迷子になりました。

238-2.jpg

なんとかヴィクトリア駅近くのコーチステーションに
着いたもののこんな所から乗った事がない!
しかもお目当てのバスじゃない!!

というのも
オックスフォードステージコーチ
2階建てのバスに乗りたかったのですが
オックスフォードカンパニーのバスしかない…。
2階建てがよかったよ~。
238.jpg

下調べって大切ですね。自分の記憶って当てになりませんね。

バスはオックスフォードに向かって走り出しました。
バスは何回かロンドンでお客さんを乗っけていきます。
ほぼ満席。

しかも通路をはさんだお隣には巨漢夫婦が。
座席が壊れるのではというくらいパンパンです。

238-3.jpg

車内の温度は上がります。
グツグツ。

トイレも完備ですが私でも狭いのに
あの方達、入ったらでれなくなる事まちがいなし。

238-4.jpg

高速道路に入るとやっとクーラも起動し、
窓の外に流れる懐かしい風景になんとも
せつなくなったのでした。

フラッシュファンヨーロッパの夏に光るミニ扇風機。
売れる気が致します。


↓ポチッとおして頂くとランキングに反映致します~!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

本日休憩いたします。

おBONという名のヴァカンス前の慌ただしさにより
本日、お休みさせていただきます~。

OBON.jpg

少し、休憩中。

↓私が休憩してもこちらは稼働中。
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

237:ダブルデッカー

237-7.jpg

今回、イギリス内での移動手段はバスを利用。
ダブルデッカーの2階の最前列から見る景色は
楽しいものです。

バスに乗る前に自動販売機でチケットを買わねばなりません。
この自動販売機にかなりしてやられました…。
↓こいつです。(留学時撮影/この時の運賃よりググンとUP)
237.jpg

まず、おつりが出て来るシステムがないらしい。
なぜに…。なに故に…。

そして、1日券を購入しようとコインをいれると、
チケットが出てこないばかりか、コインも帰ってこない始末…。
殴り倒しましたが、無理でした。
お手てが痛くなるばかり…。

237-4.jpg

ちょうどバスの職員が通りかかったので、助けを求めると
彼も勢いよく自動販売機を殴り倒したのです。
すると…チャリンチャリン

やった「サンキュ!!」といってコインをみると、
ななななんと、1ポンドと缶ジュースのフタでした…。
か、金かえせ~~。

237-3.jpg

ゆ~~る~~す~~~ま~~~じ~~~!!
怒り狂い寸前でしたが1ポンド戻ってきただけでも
ヨシとする大人な女になりました。
でも、悔しかったので軽くキック。

237-5.jpg

大人な女は考えました。
こういう事するからなおさら壊れるのだと。

そんな工程を踏み、ダブルデッカーに乗り込みます。
あんな苦労して買ったチケットなのに運転手さんは
チラ見しかしません。

次の停留所がどこなのか表示もアナウンスもないので
雰囲気で乗り降り。

ビックリしたのが
液晶モニターなんてものがついてたり…。
(ここに次の停留所とか映し出せばいいのに…)
↓さらには赤くないダブルデッカーをみたり…。(色盲かも)
237-6.jpg

運転手さんがお菓子をボリボリ食べながら運転していたり…。
(頼むから、運転に集中してください)

奥が深い、ダブルデッカーでございました。

チューリップ ロンドンの大休日 DVD『チューリップ ロンドンの大休日』
チューリップ×ロンドンの夢のコラボ!


↓押したおしてください!ポチッ!!ポチッ!!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

236:おいしかったイギリス

236-2.jpg

初日のパブ料理でイギリスはまずい(こちらご参照ください)
のかと思った次の日、おいしい食事いたしました!!
そこは、SOHOの一角にあるアラビア~ンな雰囲気のお店。
236.jpg

くら~い店内にランプがたくさんぶら下がっています。
ハァ~おちつく~。

メニューをみてもなんのことやら
わからなかったので、適当にチョイス。
これがはずれなし!!美味しかった!!

236-4.jpg

腹もおちつくと、気になるのが向かいに
座っていたメンズ2人連れ。
一人は小太りの男ですが、もう一人がこれがすごい
ハンサムガイなのです。
が…、
どうやら観察しているとどうも、ゲイっぽい。
ハンサムガイは小太り男に上目使いでおしゃべりしています。
実にもったいない。小太りでいいの??

236-5.jpg

そういえば、SOHOってゲイのお方がたくさいらっしゃる所。
世の中って思う通りになりませんね。

食事も終え、最後にミントティーを。
普通サイズのポットに2人分はいってでてきたのですが
飲んでも飲んでもなくなりません。
アラビアンマジック!
↓不思議なポットチャン。
236-3.jpg

お腹もお目目も充実。
でも、私が食べたのは正式にはどちらのお国の
お料理だったのか存じ上げません…。
イギリスは異国の食べ物が美味しい!事はこの旅で
確認したのでした。

【0724常夏ポイント】【量り売り】ペパーミントティー60gミントティーってすごく美味しい。

↓こちらをポチっとおして頂きたく存じます。
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

235:マザーに電話

235.jpg

今回の旅の重要イベントの一つに
ホストファミリーに会いに行く…
という項目があります。

この旅の事は、あらかじめお手紙で知らせていますが、
『イギリスについたら電話するね~』と書いちゃったのです。

電話は苦手。しかも英語なんて。
「サプライズ!ジャジャ~~ン!!」って言いながら
突然訪問っていう手もあると考えたのですが、
寂しい事にもなりかねません。

235-2.jpg

そんな事で、旅の冒頭から電話の事が頭から
はなれた事はありませんでした。

明日、オックスフォードの街を訪れる予定の私。
電話しなければならない時がついに来ちゃったのです。

235-4.jpg

電話ボックスに入る。
受話器をとる。
お金を入れる。
重いボタンをおしていきます。

『0』が押せない!!!

壊れてますっ!!!!
緊張感を返せ。

235-3.jpg

気を取り直して、お隣の電話ボックスへ。

つながりました。

マザーです!!
明日、行く旨を伝えると、
マザーはいるけど、○△×?*○△!(聞き取れません)
ベイビーはいないとの事。

エエッ?!!!
はっきりいってベイビーに会いにいくのに…。
でも、しようがない。
マザーでガマンしよう。
「明日、楽しみにしているわ!」というお決まりの台詞で
すっごく短い電話を切ったのでした。

肩の荷が降りた…。
もう、会わなくてもいいくらいの達成感です。

235-5.jpg

電話ってやっぱり緊張する。
それにしてもイギリスの公共の機械って壊れている事、
多いです。

ネイティブだったらこう言うね『ネイティブだったらこう言うね』
言うね!!言っちゃうね


↓こちらは壊れていません。ポチッとおしてください!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

234:イギリスのパブ

234-2.jpg

イギリスにて、嬉しい事。

それは…、

平日の昼間からビールをガブガブのんでも
罪悪感がない!
周りを見渡せば、同士がワラワラ~。
おかわりしなければいけないくらいの気持ちに
なります。

234-5.jpg

日本でも、カップ酒片手にウロウロしていらっしゃる
お目目がうつろなおじさまを時折お見かけ致しますが、
パブという健全な(?)場所で、老いも若きも
ビールを持っていらっしゃる!

パブっていいですね~。

コーヒーのもうかしら~という感覚で
アルコールを摂取できる気軽さに今回、
かなり惹かれました。

234-3.jpg

パブっていいですね~。

やっぱり、働いていらっしゃる方は朝からは
さすがに飲んでらっしゃらないですよね??
さすがに駄目ですよね??
ランチにハーフパイントくいらいは許してくれますか??

234-6.jpg

もし、いいのなら、是が非でも移住したい。

パブっていいですね~。

そんなパブの厨房を上からみてみました。
意外にもキレイにしてあってビックリ。
234.jpg

パブで昼間っから飲むビールはやっぱり美味しい。
一日の活力です!

パブは愉しい『パブは愉しい』存じ上げております。

↓月曜日、ポチッとクリック、うれしいです。
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

233:イギリスの柵

233.jpg

ロンドンの街並をみて、ロンドン的!!
思う一つにがあります。

黒く塗られたアイアンのこの柵、今回、よくよく見てみると、
いろんな形がありました。
233-2.jpg

おもしろい。
233-3.jpg

足が結構かわいくできてます。

窓だって。
233-4.jpg

そして…、柵をたどっていくと、、、
地下につながっていた…。
233-5.jpg

降りてみたかったのですが、
下に行く勇気と見つかった時に言う英語力が
ございませんでした。

アイアン面格子G2-BZFD1007/1000X1400ステキな柵みつけました。

↓今日もポチッとおねがいいたします!!!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

232:ロンドンの蚤の市

232-4.jpg

パリに引き続き、ロンドンでも行ってきました。
コベントガーデンへ。

パリの蚤の市とは少し品揃えも違います。
こってりした重厚感のあるものが多いような気がします。

カゴやホーローのカワイイお店。お値段はお高い。
232.jpg


カラフルなボタン
232-2.jpg


掘り出してもいいものがなかった
232-3.jpg


パリに比べるとあんまり値下げに応じてくれない
頑固な店主が多い。

232-5.jpg

それでもブリテンちゃんはパリで培った値引き交渉を
ねっちりとしつこくすると、またまた10ポンド
の値下げに成功して銀製の腕輪とロザリオを購入。

232-6.jpg

ロンドンではしつこさが決め手となりそうです。

この蚤の市の横の建物では、雑貨やさんなどの
お店が入っています。
オペラなんか歌っている男性もいます。

お昼はこの中でパニーニとビール。
休憩できるのでゆったりと見てまわれ、
楽チンなコベントガーデンでした。

私は月曜日に行ったのでなんだか閑散としていましたが
土日はもっとにぎわっているのかも…。

アンティーク アルミ缶 エリザベスエリザベスの顔付きカンカン

↓クリックでこのブログの応援御願致します!!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

231:ヘッド比べ

231-3.jpg

ロンドンにて歯ブラシが無い事に気付き、
薬局へ。

薬局といえばBOOTS
BOOTSといえば薬局です。
相変わらず、店員さん無愛想でした。

一番お安い、BOOTS印の歯ブラシを購入。
イギリスって自分のお店印の商品を
作るのがお好きだな~~。

231-5.jpg

さて、一見、普通の歯ブラシですが…。
231.jpg


フロ~ムジャパンと比べてみると…。
231-2.jpg

ヘッドがデカイッ!!!
もし、山切りカットなら出血のおそれあり。

ヨーロピアンの方々って日本人に比べて、
お顔小さいですし、そう考えるとこんなでかくて
使いやすいのかな~と疑問です。

使用致しましたが、磨きにくい。
歯ブラシを操縦できなかったのは生まれて初めての
経験でございました。

231-4.jpg

Sassy 歯ブラシ&ホルダー(Green)子供用かわいい歯ブラシこれにすればよかった。

↓ポチリッ!!クリックでランクがアップ!!!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

230:イギリス的ポストカード

230-3.jpg

イギリスの街中のお土産やさんではよく
ポストカードを見かけます。

このダイカットの大胆なポストカードは
最初見た時、ウヒャー!カワイー!!と思いました。
230.jpg

見えにくくて申し訳ございませんが
イングリッシュブレックファーストなど、安っぽい感じが
良いのです。

他に再度、驚いたのが、ロイヤルファミリーをちょっと
コメディー風にアレンジしたポストカード。
こんなことしちゃっていいの??っていうようなモノもあり。
もはやロイヤルな感じより芸能人的扱いなのでしょうか。
日本ではありえません。

230-4.jpg

そして、イギリス文化をマンガでおもしろおかしく
紹介している、ついついプププと笑っちゃう
ポストカード。
230-2.jpg

これは、イギリス紳士編。
ご丁寧な言葉使いじゃないと助けないよ~っていう
ユーモアセンス溢れる一品。

いろんなポストカードでイギリスがみえてきます。
買って帰ろうとおもったのにいつも忘れちゃうのは
なぜでしょう。
つぎこそ!!

チャールズとカミラ『チャールズとカミラ』ポストカードもたくさんありき。
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

229:イギリス入国

229.jpg

パブでの再会おしゃべりは続きます。

今回、私と同様、日本から久しぶりにイギリス入りした
留学時代の同期のMICKY。

ヒースローでの入国審査でなんと1時間以上
足止めをくらったそうです。
MICKYは今回、1ヶ月間イギリスに滞在予定だったのです。

そこで、友達は誰だ?とか滞在中のお金のことかいろいろ
聞かれて、泊めてもらうお友達の家にまで
電話をかけられたそうです。
無敵ジャパニ~ズパスポートの時代は衰退したのか。

229-5.jpg

私も、今回、フランスからイギリスに入る時、
ユーロスターでの入国審査で「観光か?」
「いつ日本に帰る?」「前、学生できていたのだな」とか
以前よりしつこいと思いました。

229-2.jpg

やはりテロ以来、イギリスへの入国は
厳しくなっているのでしょうか。

MICKYは至って、善良な日本人市民ですのに…。
もっと怪しい人たくさんいますのに…。
私の方がよっぽど挙動不審ですのに…。

229-3.jpg

イギリス在住NATSUに「ブラックリストにのったね…。」
言われ、怯えていたMICKY…。
大丈夫!!
イギリスはきっと、またのお越しをお待ちしています。

229-6.jpg

トム・ハンクス/ターミナル DTSスペシャル・エディション『ターミナル』トムが空港でさあ!大変!

↓ポチっとクリック御願致します!!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

228:イギリスパブ料理

228-5.jpg

ギネスで乾杯を果たした私達。
お料理をオーダーに。

実は留学中、食べた事がなかった
フィッシュ&チップスに初挑戦する事にしました。
オーダーする際、

フランスより英語通じない…。

228-6.jpg

ありえませんが本当です。
というのもネイティブの人に話すのって緊張して
ヘンにかしこまってしまって言いたい事がうまく
言えないのです。
イギリス人英語うますぎてキライ…。

そんなこんなでオーダーもすませ、久しぶりの再会の
おしゃべりに花を咲かせていました。

料理が運ばれてきました。
ブリテンちゃんとNATSUはローストビーフ。
MICKYはエビのフリッター。

私のフィッシュ&チップス。
デカイ!!!
228.jpg

お味は…、、
見たまんまといいますか、旨いともまずいともといいますか。

ブリテンちゃんのローストビーフを一切れ頂く。
固いッ!!!
228-3.jpg

イギリスの肉はまずいと聞いていたが、ここまでとは…。
ホームステイ先のごはんの方が美味しかったです。

228-7.jpg

結局、フィッシュ&チップスもここまでで断念。無念。
228-4.jpg

この緑の物体。
グリンピースをつぶしまくったものでした。

その後、ホテルに帰る途中で見かけた何軒かのパブの
前に飾ってあるメニュー、私達が食べたパブのものと全く同じ
値段も絵柄も。全く同じ。
228-2.jpg

どこかでひとまとめに作ってるのでしょうか。
給食センターみたいなのがどこかにあるのでしょうか。

やっぱり、イギリスってまずいの~??と思わずには
いられないイギリス初日のディナーでした。

イギリスはおいしい〔英語文庫〕『イギリスはおいしい〔英語文庫〕』
信じたい。


↓ウウ。皆様のクリックでランキングアップ!!!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

不覚!!

気付いたらこんな時間に!!
更新できなかった…。
お酒のんでました朝から…。
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

227:再会

227-3.jpg


ウォータールー駅についた私達は
ひとまずホテルへ向かう事にしました。

久々のダブルデッカーに乗り込みます。
227.jpg

みんな英語でしゃべってる~。
英語お上手です。
イギリスに来たのだと改めて思います。

さて、今日は私の留学時代一緒に学んだ
日本人のお友達とここ、ロンドンでの
再会予定です。

イギリスでガーデニングをお勉強中のNATSU、そして
わたしの5ヶ月後に帰国したMICKYも日本から集合です。

ホテルのロビーにて、無事異国で再会!!

227-4.jpg

イギリスといえば、パブ。
イギリス在住のNATSUはパブ料理に少々嫌気がさしている
ようでしたが、イギリスっぽくいきたくて
パブでお食事することにしたのです。

とりあえず、ギネスで再会を乾杯!!
227-2.jpg


缶・ギネス・ドラフト(330ml)ギネス、久々にのみました。

↓連休中!!ランキングに動きが?!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

226:イギリス突入!

226-3.jpg

やっとイギリス編に突入いたします。

パリからイギリスへはユーロスターを利用。
約2時間半でロンドンに到着予定。

ユーロスターは4人が向かい合わせの座席になっています。
私と、ブリテンちゃんは向かい合わせ同士の窓側席。
横にはイギリス人らしきカップルが座りました。

このカップルの女、かなりの巨漢
ブリテンちゃんの席まではみ出し気味です。
後に聞いた話ではスウェットなスメルが漂ってきて
きつかったらしいです。

226.jpg

そしてわたしの横に座ったカップルの男、
食堂車まで行ってランチボックスを買ってきたり
巨漢女につくしておりました。

男が買い出し中、この巨漢女、男の席に靴のまま
足をのっけてくつろいでます…。
なんとふてぶてしい女…。

226-4.jpg

男の前では一応、しおらしかったのでびっくり。
そんなカップルをしり目に、いつの間にか
熟睡。

目をさますと、イギリスらしい建物がみえてきました。
アアン、お懐かしゅうございます。

226-2.jpg

いよいよユーロスターはロンドン、ウォータール駅
到着したのでした。
ドキドキドキ。へんな緊張感のもとホームへと
降り立ったのでした。

イギリス=鉄道旅物語『イギリス=鉄道旅物語 』
時間通りに走ってくれるかどうかが気になります。


↓ポチっとクリックでランキングに反映いたします!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

225:パリの蚤の市<ヴァンヴ>

225-2.jpg

パリの蚤の市も最終回。

今回はカワイイもの、掘り出し物はピカイチなのでは
と思うヴァンヴの蚤の市をチョットご紹介。
<土日 7:00~>

人もいっぱい。にぎわってます。
225.jpg

日本人とみられる人種多数発見。
ですので値もあがってるとか。

蚤の市も4つ目となると『値切る』事が楽しくなってきます。
旅のお供、ブリテンちゃんの『値切り技』はすごい。
「シルヴプレ~シルヴプレ~」
ねっちょりしたひつこい攻撃で
どんどん値がさがっていきます。

わたくしが勝ち取った戦利品。

225-3.jpg

カバンは絶対値下げしないとのたまった頑固ジジィに
ブリテンちゃんが「この子、プア~なの~」といった一言で
10ユーロ突然、値下げ。

225-6.jpg

ブリテンちゃんはカフェオレボールに銀製品の器、
ドアノブ、ネクタイピンなどなどどれも値切りを駆使して
購入。

そして、このヴァンヴで伯爵様発見!!

伯爵様は真っ白なシャツ、ベスト、そして真っ白なズボンを
お召しになられており、おひげをたくわえてらっしゃいました。
お足元もぬかりのない、ピカピカにみがかれたストラップの
黒のお靴をお履きになられております。

225-5.jpg

伯爵様が蚤の市にくるのか?とかは置いといて、
これは伯爵様に間違いない!!
もしくは伯爵様マニア!!

シルクハット調の帽子を試着されてました。
す・て・き。

しばらくストーキングさせて頂きましたが
暑さで断念。

木陰でオルガン弾きのおじさんの演奏を聞きながら休憩。

225-4.jpg

すこぶる上手い演奏。

右奥にあるコーヒーやホットドッグを売るお店が
御覧頂けますでしょうか。
2年前の冬、コーヒーのおつりを
ぼったくられそうになりました。
おつりはご確認の上、お財布へ~。

この蚤の市はほんとうにカワイイものが
たくさんあるのでオススメです。
「シルヴプレ~」の値切りで蚤の市が
数倍楽しくなります。

どや!大阪のおばちゃん学『どや!大阪のおばちゃん学』
どや!お勉強させて頂きます。


↓クリック、シルヴプレ~~~!!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

今日はお休みします~。

今日もなんだかバタバタしております。
6月に引き続き7月も慌ただしく、
今日は少し休憩いたします~。
忙しくないけど、忙しい、
そんな時ございませんでしょうか。
なんか、ソレです。

rest.jpg


ボニータ!ボサノヴァ『ボニータ!ボサノヴァ』
こんな時はボサノヴァでも聞いてリラックス。


☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

224:お世話になります。

224.jpg

今回の旅のマネーは、イギリス留学の時に
余ったトラベラーズチェックと、
現金、クレジットカード、
そして、どこの国からもその国の通貨で引き出せちゃうと
噂のワールドキャッシュカードを持参しました。

過去2回もワールドキャッシューカードの磁気が
破損して使えなくなりワ~ッとなった経験のある
静電気女のわたくし。
3回目はないだろうと踏んでいたのですが…。

今回もやりました…。

224-2.jpg

さすがに3回目ともなると落ち着いたもんです。
オペラ座近くにあるワールドキャッシュカードの
対応もしてくれる、JTBのデスクに助けを求める事に。
ここは以前、同じ理由で助けて頂いた経験のあるデスクです。

そして、なんと今回は、日本に問い合わせた結果、
暗唱番号の打ち間違えを連続3回した事により
カードにブロックがかかっているというでは
ありませんか。

224-3.jpg

いつの間にか暗唱番号、自分で変更していたようです。
全く記憶にございません…。
ア…ウ…。自分の痴呆ぶりにパリで泣きました。

JTBデスクの皆様、お世話になりました。
もう2度と戻っては来ません。
シャバの世界で真っ当に生きていきます。

224-5.jpg

結局、土日を挟むと言う事でカードのブロック解除を
日本に帰ってからする事にしたのです。

そして、ニホン。

カードの期限が迫っていたので思いきって解約する事に。

その際、当時のサインを書かなくてはならないのですが
ローマ字表記にしていた事もあり、
またもや自分のサインの書き方を間違える
修正するためのサインを
正しいサインの上にする事、2回×数カ所。
用紙は私の名前でいっぱい。
224-3.jpg

ア…ウ…。自分の痴呆ぶりにニホンでも泣きました。

海外でそしてニホンで泣かないように
ちゃんと生きようと心に誓ったのでした。

フリーズする脳『フリーズする脳』いやです!いやです!

↓押す事は忘れない。いつも有難うございます!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

223:パリの蚤の市<名も無い?蚤の市>

223-2.jpg

パリの蚤の市3回目。
今回は偶然にも出会った蚤の市

何気なしに通った道でたくさんのお店が出店。
メトロCour St-Emilion近く。
<おそらく土曜日7:00~18:00>

これは行かねば!!

プロっぽいお店もあるのですが、近所の人も
出品してみましたという感じのアットホームなお店も。

大型家具なども売ってます。これはプロのお仕事の様。
223.jpg

中でも、地元小学生がいらなくなったオモチャなんぞを
売っていて、少年キラーのブリテンちゃんは落書き
いっぱいの絵本を購入。

少年ったら「メルシー!!!」とそのかわいい大きな瞳を
キラキラさせておりました。

223-3.jpg

少年よ、お前を買いたい。
これぞ、三十路の大人の女の心意気。

そして、あるマダムのお店でかわいい
壁掛けランプを発見。
2つで23ユーロ(3300円くらい)。
お、重い…。
ブロンズのどっしりした重厚感です。

223-4.jpg

相場からするとお安い方であります。
ブリテンちゃんと一個づつ分けて購入する事に。

シャネル好きだったらしいのマダムのお店では
シャネルのスケスケの下着を薦められる。

223-5.jpg

お客のおじさんも加わり「セクスィー」と言い合うという
へんな雰囲気に思わず買ってしまいそうになりました。

ご近所さんが出店している市は、
お安くって親しみやすくってフリーマーケットの様で
楽しい体験でした。

しかし、購入した重い壁掛けランプを持って、
イギリスへ渡る事を後から気付いてちょっと
不安になったのでした。
223-6.jpg

おとな旅フランス(2006年度版)『おとな旅フランス(2006年度版)』
まず、少年を買わねば!


↓クリック!!いつも有難うございます!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

222:パリの乗り物

222-5.jpg

パリについた次の日の月曜日に即、購入したもの、
それは『カルトオランジュ』

月曜日から1週間、パリのゾーン1~2の
乗り物(メトロ、バス、RER)が乗り放題の定期です。
確か16ユーロ(2300円くらい)。
顔写真がいるので、日本で撮って余ってたものを
あらかじめ持って行きました。

ゾーン1~2以外のベルサイユに行ったとき、
この定期では本来、外へ出られなかったのですが、
お姉さんが通してくれました。
がんばれば、ゾーン2以上へも行けそうです。

222-7.jpg


↓カルトオランジュ。(ケース付き)
222.jpg

メトロやRERに乗る時は、上のちっちゃい切符を
改札に通します。
バスの場合は運転手さんにケースまるごと見せます。

これを持っていると疲れた時は、
バスに揺られて休憩。なんていうパリの街もみながら
疲れもとれちゃうという事もできてベンリ。

バス
222-3.jpg

バスは慣れるとなかなか使い勝手が良いし、
景色もみれるので、好きです。
次の行き先も表示してくれるから安心。

222-9.jpg

日曜日は停まらないバス停なんかもあったりして
訳が分からないのでご注意あれ。
それに、道の真ん中に堂々と車をとめて
バスが立ち往生しちゃう場面にも何回か遭遇しました。

メトロ
222-2.jpg

これは新しい14線。車体も新しい~。
メトロはやっぱり便利!
でも危険な香りのする場所もあったりしますので
乗る時は全員が敵だと思い乗り込みます。
それに、なぜかスピードがおそろしく速く感じ、
壊れる~~~!!と何回か恐怖を感じました。

RER
222-4.jpg

RERは高速鉄道。
列車みたいで旅行気分が味わえます。
2階立てなので迷わず2階席を陣取ります。

乗り物ってたのしいし、パリの住人になった
気分が味わえるので大好物です。

カルトオランジュ、オススメです。
ただ、窓口のおばさんはとても愛想が悪いので
頑張ってください。

222-8.jpg

地下鉄のザジ ◆20%OFF!ルイ・マル監督『地下鉄のザジ』
ザジちゃんがパリを疾走!


↓ポチリ!みなさまのクリックが更新の糧でございます!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

221:パリのニホン

221-5.jpg

パリでは今、ジャパンエキスポなるものが
開催されているそうです。
ニホンびいきな人が多いとウワサのおフランス。

そこで、今回の旅でみつけたパリの中のニホン
チョットご紹介。

鉄瓶もおパリなテイストになって。
ステキ。
221.jpg

ニホン茶もたくさんありました。

金魚は万国共通の生き物ですか?
221-3.jpg

魚つながりで…、
寿司屋も多い!が明らかに辿々しい文字
表記がおかしな看板がたくさん。
ぜったいニホンジン経営でないなと思う。

221-6.jpg

そして、この映画上映…。
221-2.jpg

わたくし拝見した事ございませんが、
おフランスの方々に受け入れられるのでしょうか。
『カミカゼガールズ』となっております。
『100% MANGA ATTITUDE』だそうです。
私にはキョウコフカダのかわいさがまだ見いだせません。

221-8.jpg

ということでパリにはパリテイストのニホンが
たくさん。
それ、チガ~ウ!!とツッコミを入れるのも
楽しいものです。

【送料無料】鉄瓶 桜皮寸筒(小)トレビア~~ン!!

↓ポチリ!!!いつもありがとうございます!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

220:パリのワンちゃん

220-6.jpg

パリにはワンちゃんがたくさんいます。
みんな働いている時間とかどうするんだろうと
心配しゃうほどワンちゃんでいっぱいのパリ。

それでも、会うワンちゃん、みんなとっても
おりこうさんなのです。
吠える場面なんて見たことございませんでした。

エッフェル塔の公園にて。
ヌンメリ~としたワンコ。(上)
ご主人様に蹴ってもらったボールをひたすら
追いかけるワンコ。何回も蹴って、蹴ってと
おねだりする様はかわいく見とれました。(下)
220-3.jpg

マレ地区にて。
道行く人におやつをもらってついて行っていた。(上)
店番のワンコ。(下)
220-5.jpg

蚤の市にて。
220-4.jpg

どのワンちゃんもかしこく、かわいいかった。

そういえば、2年前くらいにパリに行った時、
街中、フンだらけ~~!!っ思ってたのですが
今回は全くフンが見当たらなかったのです。
と思ってたらこんな看板みつけました。
220-2.jpg

これはエッフェル塔の公園にて。
コレ、フン拾わなかったら罰金っていう看板だと
おもうのですが…。

475ユーロといいますと7万円くらいになります。
高っ!!フンひろうっ!!

220-7.jpg

最後にまだご主人様のいないペットショップにいた
ワンコちゃん。かわいくて死んだ。
220.jpg

お前なんてあ~して、こ~してやるっ~と
いじめたくなるくらいのカワイサ。

ワンちゃんいっぱいのパリの街。
このワンちゃんも近々、パリデビューでしょうか。

世界のいぬ・ねこインテリア『世界のいぬ・ねこインテリア』
かわいかろう、さぞかわいかろう…。


↓ワンックリック御願致します!!ポチッ!!!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

219:パリの蚤の市<クリニャンクール編>

219-4.jpg

パリの蚤の市、2回目。
今回はパリ最大の蚤の市、クリニャンクールへ!
<土日月 7:30~19:00>

メトロを降りるとニセモノブランドらしきものを
手にもって薦めてくる物売りが何人かいます。
ちょっと治安が悪そう…。
ちらちら、テントが。

もっとずんずん進むとみえてきました。
これは蚤の市というより、です。
でかすぎる…。
1日ではとうていまわれません…。
地図なんかも用意されています。

のっけからすてきな雰囲気に酔いしれます。
219-1.jpg

いらないけどかわいい。木製の人形の手脚。
219-2.jpg


ここでも見ているだけで、満足感を味わえちゃいます。

アールデコの店が集まる界隈、家具が集まる界隈、
絵や美術が集まる界隈などにそれぞれ集中して
店がまとまっています。

219-3.jpg

1時間ほど歩き回った後、贅沢ですが、
かわいいものがありすぎて、飽きるという
現象に陥りました。
かつて、このような悩みにぶちあったた事があっただろうか。
いや、ない。

もし、パリに住んでたらチョコチョコ買ってインテリアを
楽しむのでしょうが、所詮、ジャポネーゼのツーリストな
わたくしにとっては買いたくても持って帰れないという
悲しい現実なのでした。

クリニャンクールはちょっと広すぎました。
そしてお値段もちょっとお高め。
またしても何も買わず終いでした…。

パリのかわいいおみやげガイド『パリのかわいいおみやげガイド』
かわいいおみせ盛りだくさん!


↓ポチリ!クリックの応援ありがとうございます!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

218:ベルサイユ宮殿<後編>

218-6.jpg

さて昨日の続き…。

私達一行をのせたベルサイユ宮殿を
出発した列車はズンズン進みます。

長い街路樹を過ぎると途中下車できる
マリーアントワネットの隠れ家、
「プチトリアノン」につきました。

終点までゆくコリアンの子たちとガシっと
お別れの握手をかわして、わたしとブリテンちゃんは
このプチトリアノンで降りる事に。

218-4.jpg

なんでもマリーアントワネットはベルサイユ宮殿より
この離れがお好みだった模様です。

内装もわざと田舎風に仕上げさせたのだとか…。
(ちょうど日本人ツアーがいたのでガイドさんの
説明を盗み聞き)
庶民に憧れるっていう発想が気に入った。

私もベルサイユよりこのプチトリノンの方が好みで
ございます。
さてここはほんとうにプチなので、10分足らずで
見学できちゃいます。

デモ、ここの何がいいって庭がいい!!!
ステキ~~。ビュ~ティフォ~!!
218.jpg

気分はマリーアントワネット。
今夜は仮面舞踏会。

218-7.jpg

ここで折り返そうと思っていたのですが
気分も高まってきたので、終点までいくことに。

終点はそれはそれはおおきな運河と広々とした
芝生が広がっていたのです。
レストランなんかもあります。

売店があったのでバケットとビールでランチタイム。
芝生に座るとたくさんの人が、ボートをこいだり、
ピクニックをしたり。

乳あてひとつで日光浴してたり。
こちらの乳あてはもはや水着の感覚なのですね。
でも明らかに乳あてです。

そんな乳あてと広大なお庭をみると我も
よりいっそう開放的な気分に。

218-2.jpg

のちに、このクソ暑いのにこの手前のカップルが
ベタベタし出してなぜか私が汗がでてきました。

ゴロリゴロリとした後、ベルサイユ宮殿方面にお散歩。
両サイドにはかわいい植木。
はるか遠くに見えるは我がシャト~ベルサイユ…。
218-3.jpg

改めてこのおそろしくでかい宮殿を思い知る。

さっき知ったのですが「マリーアントワネットの
居住コース」
っていうガイド付き見学ツアーが
あるらしいです。
アアン、下調べをしないで行くと損します。

最初に借りたガイドイヤホンの
締めの台詞に「ベルサイユはなんと美しかった事か。
再び訪れる事をおまちしております。」

言われたのでまた訪れようではありませんか。

最後に入口にいた物売りを記念にと
カメラを向けたら、とたんにワラワラ寄ってきました。
一気に庶民へ。
218-5.jpg

ご注意あれ。

バター香&レモン爽⇔ウィークエンドクグロフマリーアントワネットも大好きクグロフ。

↓今宵はポチッとおしてはくれませんか!?
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

217:ベルサイユ宮殿

217.jpg

ふと思い付いたのです。
「そうだ!ベルサイユ宮殿へいこう!」

パリの中心を徘徊していた私達。
ちょっと足を伸ばすプチ旅行です。

駅の出口を間違えて、5倍くらい時間を
かけてようやく目の前に見えてきましたベルサイユ!
ベルサイユ宮殿へ続く道にはこんな物売りが
ウジャウジャ。
217-2.jpg

この傘帽子イラネ~と思ってたら
白人のオバサンかぶってました。需要あるのね…。

ベルサイユ宮殿って広い!!
広すぎる!!
今の今まで知りませんでした。

入口がたくさんありすぎて、どこからまわればいいかも
サッパ~リ。
わけが分からないので空いている入口へ並ぶ事に。
高い料金と安い料金があったのですが、
チケット売りのオバサンにどう違うのか質問しても
無視され、12.5ユーロ支払う。

流されるまま日本語解説のあるガイドイヤホンを借りて中へ。

どうやら音声ガイドがついてるチケットや、ついていないもの、
さらには1日パスポートなどいくつかに分かれているらしい。

217-3.jpg

とにもかくにもチョットヘンなしゃべり方の日本語ガイドを
片手にベルサイユ宮殿の豪華な部屋を堪能。

広すぎて途中休憩を挟みながらもゴージャスな部屋を満喫。
残念ながら鏡の広間は修復中だったのでした…。
それにしてもすごい暮らしをしていたものですね~。
この時代に興味が湧きました。

217-5.jpg

宮殿をでて、お庭方面へ、なんと電車
走ってるではないですか。
なんでもまだまだマリーアントワネットの離れや運河などが
存在するという…。到底歩ける距離でもなさそうなので、この
列車の列にならぶ事に。乗車代は別途必要です。

217-8.jpg

すると、前に並んでいたコリアンの女の子5人グループ
話しかけてきました。
10人グループでチケットを買ったら安くなるから
グループになろう!うしろの3人もあなたの連れ?」と。

料金表を読むとなるほど団体10人でディスカウントされる!
うしろの3人??

うしろを振り返るとニホンジンのオバサン3人グループ
いました。
さっそく話しを持ち掛けると意味がわからないっぽいので
勝手にヨシとして団体割引を適用。

オバサン、お金払う時だけコリアンの子に釣りが間違ってると
主張
して、こんなすばらしい提案をしてくれた事には
お礼のひとことも言っていませんでした。
そしてオバサン「何事も経験ね」
言いながら3人グループの中で満足げにしています。

217-7.jpg

絶対処刑!!!!!!

何もしてないし、お礼すらいっていない
このニホンジンオバサンにガッカリ。
「コリアンの子たちに礼くらいいえ~!」と
言えばよかった…。

一方、コリアンの子たちと電車が来るまで雑談。
この5人グループ、実は昨日知り合ったばかりだという。
(一人はこの日の朝)
なんでもそのうちの2人はヨーロッパを
一ヶ月間旅行しているとか。楽しそう~。

オダギリジョーはカッコイイ。キムタクの声はセクシー。
『ビトゥイ~ン ホット アンド クール』
(おそらく、映画『冷静と情熱の間』)
はおもしろかったとおっしゃっておりました。

217-4.jpg

↑そんな雑談の中、私の心をとらえて離さなかった
必死で堪える後ろ姿…。プルプルプル。
思わず力入ります。

コリアンの女の子たちは元気一杯の行動力ありまくりの
とっても良い子たちでした。

217-6.jpg

このパワフルさ尊敬です。
こんな出会いも旅の醍醐味です。

やはり広いと長くなります…。
次回へ続きます…。

バラ ベルサイユ 50mlEDT SPベルサイユの舞踏会と名付けられた
ステキな甘いパフューム。


↓優雅に華麗にポチッ!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

216:パリのディナー

216.jpg


旅での醍醐味は食事!
パリでのディナーをちょっと公開。

前回、3泊程の激短日程にも関わらず
全てを惣菜で済ませたという後悔より、今回は
贅沢に外食率を増やしてみました。

一日目 ガレット
実はわたくし、初ガレット。

216-2.jpg

ガレットってあれですね~、意外とボリューム
あるのですね~。

二日目 インド料理
お目当てのビストロが休みだったので、
インド料理屋さんへ…。
セットメニューを注文。

前菜やメインのカレーをセレクトできたり
するのですが、私の頼んだ『RAIZE』(不確かです)という
前菜。プレーンヨーグルトの中にキュウリやらなんやら
入っている大変、不思議なものでした。

店員のおじさんに「これってインドではメジャーなの?」と
聞くと「インド人の90%は食している」という…。
インド、興味深い。

216-3.jpg

その後、日本にカレー屋さんがある事すら知らなかったクセに
「アキハバラ」はご存じなこのパリ在住16年のインド人と
アキバについて語り合いました。
デジカメに大いに興味アリでした。
所持していたデジカメでどれぐらい動画が撮れるのか
について質問攻めに遭う。

日本のインド料理の方が美味しかった。

三日目 ギャラリーラファイエットのお惣菜
美味しい。

216-4.jpg


四日目 クスクス
これが、最高に美味しかったのです。

216-5.jpg

店員のおじさんもとてもいい人。
「阪神淡路大震災」においての日本の建物の強度について
とことん語り合う。
神戸牛に大いに興味アリでした。
神戸牛は旨いのかと何回も聞かれたのですが
あいにく食べた事ございません…。

クスクスの食べ方も、食べ終わった後、
正しい食べ方を他のお客さんにより知る事に。
お腹がはち切れるくらいの量でした。

五日目 近くのレストランにて魚料理
この時、最高にして最低な体調の悪さの上に
この上なく生臭いお魚がでてきて完食できず。無念。

216-6.jpg

しかも、料理できるの遅すぎて何人か怒って帰っていました。
かと思えば、周りを見渡すと2~3時間ずっと
ディナーを楽しんでいる人々も。

六日目 ボンマルシェのお惣菜
お噂通り、美味しかった~。

216-7.jpg

七日目 二日目にお休みだったビストロ
店員のジジィがとてつもなく憎たらしく、
怒りながらもほどよく美味しかったのでヨシとしました。
ウサギを食らう。

216-8.jpg

というような一週間を経て、
レストランにて分かった事
(高級な所を省く)

前菜→メイン→デザートと誠実に頼まなくてよさげ!
 サラダだけとか
 (コチラのサラダはけっこうなボリュームです)
 聞く所によると最近フランスではデザートを頼まない人も
 多いそう。

2人でシェアしてもよさげ!

ヘタなレストランより惣菜のほうが安くてウマイ!

フランス人はおしゃべり!
 食事中ずっとしゃべってる。
 イギリス人より食事時間が長い気がします。

高級な所へ一度は行ってみたい…。
でも、店員さんとお話ししながらの食事も
とても楽しかったパリでのディナーなのでした。

フレンチ・シンプルレシピ『フレンチ・シンプルレシピ』
作りたい、めんどくさい。


↓ポチリとクリックで応援お願い致します!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

215:パリの蚤の市<モントルイユ編>

さて昨日のイギリスの話題からまたまた
ワープ致しまして、ワールドカップ勝利で湧いている
パリへ再び時間を戻します。

215.jpg

パリといえば蚤の市
旅でも外せないイベントです。
今回は4つの蚤の市へいってきました!!

今日は手初めに、庶民な蚤の市「モントルイユ」
蚤の市をちょっとご紹介。
<土日月7:00~18:00開催>

メトロの駅方面からの入口付近は
フツーな衣類や古着、日用品などのお店が多い。
なんかコレはガラクタでは?と思うような
プラグなぞも売っていたり。

その周辺はガマンしてもう少し奥へ進むと
アンティークなお店もお目見えします。

6枚くらいで確か2ユーロくらいの昔の写真を購入。
レプリカとかでなく本物です。
どっから仕入れてきたのでしょうか。
誰の写真なのか。
明らかに一般人のアルバムに入ってたらしき代物です。

215-2.jpg

お店のおばあさん、一つ、一つの写真をみて
値段を決めているのですが、何が決めてなのか…。

この写真シリーズの他、手紙シリーズもあり。
人様の戸棚から盗んできたような
お手紙が売られています。
共にかな~~り古いものです。

掘り出しものがありそうでなさそうなお店。
215-6.jpg


大型家具がずら~り。
215-4.jpg


このピアノかわいかった。燭台つき。
215-5.jpg

軍隊ものやリネンの下着なんかもちょこちょこ
ございます。

215-3.jpg


モントルイユは小さいのですぐまわれちゃいます。
蚤の市一発目としてはいい大きさでした。

見るだけでお腹いっぱい、買った気になっちゃう
蚤の市マジックにかかって市を後にしたのでした。

215-7.jpg


フレンチ雑貨と暮らしたい!『フレンチ雑貨と暮らしたい!』
暮らせるもんなら暮らしたい。


↓ムシムシ致しますね~。ポチッと御願致します!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

214:ワールドカップ!!

214-8.jpg

イングランド敗退…。

というわけで、わたしが旅行に行った時期は
ワールドカップが始まったばっかりで
湧いておりました!イギリス!

今回はまさかの敗退、イングランドでしたので
パリをワープしてイギリスで味わった
ワールドカップをちょっとご紹介します。

どんな感じで湧いていたかと言うと、
こんな感じですとか↓
214.jpg

この旗、かなりの車つけておりました。
なんでも昨日見たニュースによるとイギリス国民の
50万人がこの旗を車につけていると見込まれており、
空気抵抗により約120万リットルのガソリンが余分に
必要になっちゃうとか。

214-4.jpg

家もこんなことなってたりとか↓
214-2.jpg

街中、旗、旗、旗でございます!

214-6.jpg

イングランドの試合は見れなかったのですが、
日本VSオーストラリアの試合をたまたま入ったパブで観戦。

大型テレビも3台。ワールドカップのために
導入したのではと思われる様な新品ぶり。
さすが日本の試合と言う事でイギリスの方はさほど
興味はなさそうでしたが、それでもみんな昼間っから
ビール片手に試合をみていました。
214-3.jpg

(テーブルの上のバナナはビールの肴なのか…。)

この時、日本1点リードで残り時間20分という時。
勝っちゃったねと踏んで、
美術館に行こうと思っていたので店を後にしたのですが、
あんな結果になっていたとは…。
しかも結局美術館の開館時間にも間に合わず…。

214-7.jpg

そして、別の日。
夜に放映されていたブラジル戦。イン パブ。
214-5.jpg

さすがブラジル戦はみなさん湧いておりました。
店員さんも忙しすぎて無愛想っぷりもピークでした。
そんなブラジルも敗退…。

というわけで波瀾万丈、ワールドカップ。

イギリス、今、荒れていますでしょうか?
皆様、ご無事でしょうか?

ベッカムに恋して<DVD大バーゲン>【楽天野球団】『ベッカムに恋して』
イングランド戦でチラリと写ったビクトリアがすごかった。


↓ポチッとゴ~~~~ル!!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

 | HOME |  »

Attention

イラスト及び写真は無断で転写、転用、転売する事を禁止致します。 momo

イラスト及び写真は無断で転写、転用、転売する事を禁止致します。 momo

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<--すべての著作権はmomoyoに属します。禁無断転載copyright (C) 2005 Momoyo All rights reserved-->