3ヶ月イギリス留学絵日記

人生の岐路、三十路手前でチョットイギリス留学。留学までのアレコレ、留学生活のアレコレをイラストと写真で紹介!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

261:仏英道を歩けば…の違い

大都会、ロンドン。
パリと比べると都会~。
街なかはあたらしい現代的な建物もチラホラ。
そんな街なかでふと、思う。

ロンドンにてなにかが足りない…。
気が付きました。


ドック、犬です。

261.jpg

フランス、パリでは犬だらけ。というと語弊がありますが
本当に犬を連れて歩いている人が多いのです。
カフェをみても犬。
お店の前にも犬。犬。犬。犬でございます。

261-2.jpg

しかし、大都会ロンドン。
犬がいな~~い。
イギリス人は動物にとっても優しいとお聞きしました。
動物好きな人が多いのに街なかでは見かけないのです。
犬はどこに~~?

261.jpg


そして再び、
ロンドンにてなにかが足りない…。
気が付きました。


黒人さんと白人さんカッポーです。

フランスでは美しい黒人の女の人をつれた
白人男性を結構な割合で見かけたのです。
が、
イギリスにも一組だけお見かけしましたが
いない
フランスと比べると格段にすくないのです。

261-3.jpg

なぜに~?イギリスってやはり保守的なのでしょうか。
カッポ~はどこに~?
なんて事を思いながらロンドンの雑踏を歩いたのでした。

英国式 犬のしつけ方ビデオ Vol.02 ◆20%OFF!『英国式 犬のしつけ方ビデオ』
やっぱりどっかにいる!!みせれ!


↓今日で8月も終わり~!記念のポチッ!!
スポンサーサイト
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

260:仏英お食事の違い

『こんなに近い国なのに違う事シリーズ』も板に
ついてきた今日この頃。いかがお過ごしですか?

今回は異国に行ったら最大級並みの楽しみな
『食べる事』についてのアレコレ。

イギリスといえば、『まずい』お国という評判が
ここ、海をはるか超えたニホンでもチラホラお聞きします。
留学から戻って来た時「まずいんでしょ~?」と何回か
聞かれたものです。

260.jpg

ウ~~~ン…。

今回行ったパブはまずかったのですが
留学中に行った町外れのパブ料理は美味しかったし、
マザーの料理もソコソコだったし、
マザーのソコソコ料理はこちら☆
今回もソーホーで行った異国のお料理は美味しかったのです。

同様にフランスもまずい店もありましたし、
逆に美味しいお店もあったのです。

ですから、美味しい、不味いは店による!と結論が出ました。
260-2.jpg

ただ、イギリスはなんとなく『食』にこだわりがないというか
『食』に重きを置いていない。そんな感じが留学時がら
しておりました。
腹を満たせればいい…という印象です。
クリスプスと言われるポテチをボリボリ食ってる…そんな印象です。

260-4.jpg

イギリスのポテチにはタバコの如く中毒性がある様に思えて
なりません。
ホストファミリーの娘1号は食後よくボリボリしていた。
案の定肥えていた。

しかし、フランスは、その辺はこだわっちゃうねといった
雰囲気。
食材にもこだわるソースにもひと工夫
見た目もきれいに飾ります。
ポテチは食べないわよ…そんな印象です。

フランスでは道を歩く度にあるのがカフェ
ポテチよりカフェでお茶をといったお国柄なのでしょうか。

現にイギリスにはフランスのようにカフェをあちこちに
見かけません。あるとしてもチェーン展開している
スタバやカフェネロなんかです。
そのかわりパブという天国がございますが…。

260-3.jpg


こういう事がもしかしたら、仏英ファッションの違い
スタイルのお話しとつながるのかもしれません。

わたくしはもっといろんな国の料理を食べたい。
食べ尽くしたい。
昆虫も食べたい。食べたい。食べたい。食べたい。

世界を知って日本を知ろう(第2巻)『世界を知って日本を知ろう"食べもの"』なるほど。

↓ポチッ!ブログランキングへの応援御願します!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

259:仏英おしゃべりの違い

フランスにて思った事、、しゃべりすぎ!!!

バスにて。
運転手の他に時折切符点検係の様な人が
乗っているのですが、運転手としゃべりまくり。
運転手、運転に集中せよ。

259.jpg

お店にて。
店員同士、私語多すぎ~。
接客せよ。

など勤務中による社員同士のおしゃべり多すぎ!
うらやましい。

また、私達旅行者のような言葉もわからぬ見知らぬ者にも
どんどこ話しかけてきて面白い。
お店なんかでは、物を売り付けてやる的な態度が全くみえず
おしゃべりを楽しむ方に力をいれているとさえ思います。

いろんな人を観察しているとバスで隣合わせた
見知らぬおじさんが隣の子供にお菓子をあげていたり。

259-2.jpg

おしゃべりによる人同士のつながりが深い。

イギリスはフランスに比べると、すぐ話しかけてきたり
しない様に感じました。
店員同士はフランスに比べるとしゃべっていないものの
ニホンと比べれば多少のおしゃべり有り
客との間には少しがある様に思います。
だから深く付き合うとおしゃべりに変身するのかもしれません。

ちょっとニホンと似通った所があるようで
見知らぬ者にはあまり、根ほり、葉ほり聞かないし、
自ら話してくる事が少ない。一定の距離を置いている感じ。

259-3.jpg

フランスからイギリスへ向かうユーロスターでも
イギリス人カップル(盗み聞きによる未確認情報)と
向かい合わせになったものの、会話ナシ。

一方、通路を挟んだ席には
フランス人おばさん(盗み聞きによる未確認情報)が、
隣になった少年に、イギリスまでの2時間半
ずっとしゃべりっぱなしでした。
少年、ちょっとツライ。

259-4.jpg

レストランでも料理を注文する前にしゃべり倒している
フランス人。
イギリス人は注文してからおしゃべりしておりました。

フランスは自由で無邪気、イギリスは謙虚さとチョットした
気を使う文化があるのかなとおしゃべり具合を通して思ったのでした。

いつでもどこでも英語・一日中おしゃべりカード『いつでもどこでも英語・一日中おしゃべりカード』
一日中はちょっと疲れる。


↓ポチッ!!ランキングもチェック!!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

258:仏英親切の違い

フランスのガイドブックを読むと、
道を聞いたりする時は女は男に、男は女に聞く事。
と書かれてありました。

確かに、フランスの女の人(店員さんなぞ)、
いぢわる多し。
ホテル近くの小さなスーパーのレジのおなごは
やる気ゼロの上、商品も乱暴に扱う、すこぶる
愛想の悪い女でした。怖い。笑ってください。

258.jpg

その反面、男の人はニコニコしてとても優しい
すぐに話しかけてくるし、冗談なんかも飛び出してきます。
フランス男はすぐ浮気をすると聞きますが
ちょっと納得。
やはりアモーレのお国柄なのでしょうか。

一方、イギリス。
フランスで怖い目にあったので、イギリスでも
構えておりました。が…、

258-2.jpg

一見、こわそうに見えた女の人がとても
優しく対応してくれました。
留学時はフン!いぢわる!なにさ!と思った事もしばしば
あったのですが、今回フランス経由だからかとても優しく
感じたのです。

その反面、お店でデジカメのデータをコピーしようと
男の店員にやり方を聞くも、なんだか面倒くさそうに
あしらわれ
ちゃいました。
蚤の市でもブリテンちゃんのお色気作戦の値下げ交渉にも
応じなかったし…。

258-3.jpg

フランスと比べて、お固い印象です。

全員が全員そのような事はもちろんごさいません!
実際、男女問わずとっても気さくで親切な方に
たくさん出会いました。その逆もございました。
でも私が今回体験した中ではおおまかに
そういう印象を受けました。
短期間による滞在での印象ですので、ここまで書いておきながら
非常に信用ならない事、請け合いです。

ジジババはどちらのお国もお優しい。
やはり年とると性別がなくなるのか…。

258-4.jpg

といより男の方のほうが私なんかより繊細です。

小さな親切『小さな親切』大きなお世話っていいますけど…。

↓ポチッ!皆様の御陰で上昇中!!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

257:仏英ファッションの違い

旅の中で感じた
『こんなに近い国なのに違う事シリーズ』

今回はファッションについてのアレコレ。

『腹出し』これはヨーロピアンの定番なのか。
イギリスもフランスもペロンと出しておりましたが…、

露出しているお肌にタトゥーをいれている女子を
チラホラ見かけたのがイギリス。けっこう奇抜なお洋服。
↓こんな女子も見かけました。これぞパンク。さすがパンク。

257.jpg

一方、フランスはあまりごちゃごちゃしない、
シンプルなファッションが多い様に思います。
タトゥーを入れた女子もお見かけしませんでした。

257-2.jpg

そして、スタイル。
フランスからイギリスに渡った時に感じた一番の事。
「イギリス、デカイというか太い…。」

フランス人の若者で太い!と思った事が
あまり記憶にないのです。
背もスラリとしている子が多い。
でも、イギリスではオウ~…をいう女子を結構みかけました。
背もちっちゃい
とはいいましても足は長いですし、お顔も小さいですし、
均整のとれる本質をお持ちのおデブちゃんといった所です。

257-3.jpg

男子の若者はどちらの国もスラリとしていらっしゃる印象です。

フランス人は外見をとても重視すると聞いた事があります。
それだから、スタイルを保つ事に重きを
置いているのかもしれません。

20kg減したラーレも言っておりました。
「私のダイエット方法はフランス人がみんなやっている。
だからフランス人の女の子はみんな痩せている」と。
うむ。そうかもしれない。

しかしどちらにも言える事は夏のファッションは
皆様堂々とお肌をさらけ出す!
皆様例え、汚い肌でもさらけ出す!
皆様例え、脂肪が出ていてもさらけ出す!
という事でしょうか。
正直、私も出したくなったものです。

257-4.jpg

ただの露出狂になりかねないので中止いたしました。

ゲルマ・ソフトレースウエストシェイパー 2色組腹巻きしながらやせれる!
お腹冷やしたらだめ。だめ。


↓ポチッ!!堂々とお押しください!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

256:さよならイギリス

256-1.jpg

旅立ちの朝。

初めての黒塗りタクシーでガドウィック空港行きの電車が
出ているヴィクトリア駅まで向かう。
256.jpg

256-4.jpg

タクシーの窓からユニオンジャックが揺らめいているのが
見えます。

朝早めだったのでそれほど渋滞もなくヴィクトリア駅に到着。
ガドウィック行きの電車にのる。
1時間くらいで空港に到着。

それにしても早すぎた。
3時間以上はある。

ガドウィックはなかなかお土産やさんも充実。
時間もたっぷりあるのですみからすみまで
チェック。
チョコもすごい充実っぷり。

256-5.jpg

周りをみわたし、なるほどそういう風になるのね~と納得。

256-6.jpg

マジシャンとの対決に勝ったら(?)
バイクや車が当たっちゃうというイベントなんかも
しています。
空港ってなぜにこんなに楽しいのでしょうか。

こんなに楽しんでもまだ2時間はある。
しようがないビールでも飲むとしました。
256-2.jpg

旅立ちの日はイギリスらしい雲
ブリティッシュエアラインをバックにビールを飲む。
イギリス最後にイギリスらしい風景でしめてみました。

ダラダラ過ごす事が得意な私とブリテンちゃん、
あんなにあった時間もあっという間。

私達をのせた飛行機はイギリスの地を飛びったったのでした。
さよならイギリス!!

約2週間、フランスイギリスを巡った旅も終わりを告げました。
旅の終わりは虚しく切ない。

256-7.jpg

飛行機のなかで私とブリテンちゃんは
次の旅に思いを馳せるのでした。

☆49話にもおよんだ『仏英旅絵日記』
ご購読有難うございました☆
旅絵日記は終わりですが
フランスとイギリスこんなに違ったシリーズを
お届けしようと思います~。

■送料無料+10%OFF■ジェットストリーム DVD【1.アラウンド・ザ・ワールド】12/6『ジェットストリーム』城達也いい声してます

↓ポチッ!!応援のクリック有難うございます!!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

255:ラストナイトとジム

255.jpg

前話でもお話ししました様にワールドカップ中継により
満杯のパブでのこの旅のラストナイト。

ブリテンちゃんと唯一空いていたデッキの席につきます。
でも、椅子が一個足りない。
横をみると腕に入れ墨をしたちょっと怖そうな
男の人が一人でビールを飲みながら携帯で電話中。
椅子が余っているみたいなので、ジェスチャーで
椅子を借りる。

私たちがお子様と遊び終わった
お子様との触れ合いはコチラ☆)と同じくらいに
入れ墨男のお電話も終了。

すると、突然入れ墨男が話しかけてきました。
彼の名前はジム

255-2.jpg

生粋のロンドン生まれのロンドン育ち。

未地の世界らしいニホンに興味津々のご様子。
ニホンの首都がどこかすら知らないイノセンスな男でした。

ニホン語も教えて差し上げる。
分かりやすくジェスチャーも加えてレッスンすると
ジェスチャーともども繰り返してくれるので、
厳しく指導致しました。

255-3.jpg

次に紙を取り出し、漢字レッスンがはじまりました。
外国人の書く、漢字ってカワイイ。
なかなか飲み込みが早い。よろしい。

255-4.jpg

似顔絵まで描いてくれたはいいが、ニホン人というだけで
目を細めにまるでコケシのごとく描いておりましたので
そこも厳重注意。

255-5.jpg

入れ墨とは裏腹に真面目な良い青年だったので
楽しくおしゃべり。
この際だから入れ墨もまじまじと見せて頂きました。
ドラゴンとタイガーの壮絶な戦いでした。

ジムがそわそしだし、
「僕、今からロンドンの上の方まで
行かなきゃ駄目なんだ~」とおっしゃいます。
ジムはトラック野郎でございました。
ビールのんでるのに運転していいのか?この国ではいいのか?

明日、私達が帰国する事を知ると空港まで送ってくれるような
雰囲気になったので、丁重にお断りしようとしたら
ガドウィックと知るや否やジムの方から切り捨てられました。

255-6.jpg

ジムは小さくなるまで私達に手を振り、
暗闇へと消えていきました。

ラストナイトのパブでイギリス人ジムと思わぬ交流ができて
良い旅の締めくくりとなったのでした。
帰国、その重苦しい言葉。いよいよ旅も終結!

エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション『エターナル・サンシャイン』
さすがジムだけあってお顔もジムキャリーに少し似ていた。


↓クリック有難うございます!ポチっと!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

254:ラストナイトとお子様

254.jpg

オックスフォードから戻ったこの日、
明日はいよいよ、帰国という日。
今夜が旅の最後の夜という事でパブにて
旅のお供ブリテンちゃんと乾杯しようということになりました。

手ごろなパブを見つけたので入る事に。
この時、ワールドカップ真っ最中。
テレビ中継をしているこのパブは超満員です。

子供なんかもいます。
6人くらいの子供が固まって座っていたのですが、
そのうちの一人の女の子、年の頃は10歳くらいでしょうか。
この子がすっごく張り切って髪を振り乱して歌い出したのです。

254-2.jpg

きっと誰も聞いていないと思ったのでしょう。
ノリノリでございます。

ところがドッコイ!
私とブリテンちゃんがその子の後ろに立っていたのです。
それが分かった瞬間。
両手で顔を覆い、真っ赤な顔をして恥ずかしがるのです。

254-3.jpg

プププ。かわいい!
「お上手~!ビュ~ティフォ~!」と声をかけると
ますます恥ずかしがり、終いにはテーブルの下まで
顔を隠していました。

その恥ずかしがりっぷりが見たくて、根性の悪い、
私とブリテンちゃんは遠くからでも手を振ってみるのでした。

254-4.jpg

手を振る→顔を隠す→手を振る→顔を隠すを繰り返す事、
数回。

いかげん、私達もあきてきたのでこの遊びはお開きに。

それにしてもあの仕草かわいかった。
偏見かもしれませんがこちらのお子様ってカワイイ。
純粋で『子供らしい』子供っていう感じが致します。

私もこの年ではございますが子供心を忘れない様、
お恥ずかしい時は両手で顔を覆う仕草をする事にしました。

254-5.jpg

ポッ。
皆様、ほほえましく迎えてあげてください。

ああ、恥ずかし『ああ、恥ずかし』生きている事が恥ずかし。

↓ポチッ!!ランキング上昇中!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

253:バスからの景色

253-1.jpg

ようやく走り出したバス。

この時、実は旅も翌日で最後になっていました。
名残おしさと色々な気持ちが交差して複雑な思いで
バスに揺られておりました。

そう思うとこのロンドンへ向かうバスから見える
景色の全てを見落とすまいっ!
カメラに納めておかねばならぬ!という
使命感にかられたのです。

253-2.jpg

連写!激写!の連続。
253.jpg

結果、見ていて車酔いする写真がたくさん撮れました。
しかも、誰に見せてもこのシリーズ飽きてしまい、
見てくれません。
こういったブレブレ写真がロンドンまで続きます。

それはさておき、
帰りのバスから見える風景はなんだか寂しい。
ときどき見える家々に自分が住んでいる事を
イメージしたり。

253-3.jpg

隣を走るトレーラーのドライバーになった事を
想像したり。

253-6.jpg

そうこうしている内にロンドン市内へと突入。
相変わらず渋滞

街並がもっと見えるよう、最前列に移動したら、
運転手が割り込みの車等に「おファックッ!!!」
(ご丁寧な表記にしてみました)
と数回叫んでいて恐怖でした。

こんなおこりっぽい運転手さんにわたくしの
お命預けても大丈夫なんだろうか…。

253-4.jpg


そんな心配事は無用でした。無事にバス停へと到着。
ありがとう!ドライバー、さようなら!バスからの景色。

バスから降りると、現実に戻されたようで、
ブリテンちゃんの待っているで
あろうホテルへと直行したのでした。

世界の車窓から~イギリス鉄道の旅~『世界の車窓から~イギリス鉄道の旅』
鉄道もいいですね~。


↓ポチッ!!押して頂けると皆様もわたくしも幸せです!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

252:別れ

252.jpg

別れのあさ。←ウルルン調(ほんとは夕方)

ロンドンに一人残してきたブリテンちゃんも心配だから
早めにオックスフォードを跡にする事に。

コーチステーションまでお見送りにきてくれます。
コーチステーション↓無駄に職員多い。
252-5.jpg

留学中も何回か帰国する友達をお見送りした経験のある私。
留学時にオックスフォードを私が去る時は
みんな一斉にホリデーに入った時だったため、
見送られる側になったのは初めてです。
また、会う約束をして、手を振りました。

切ない~。
窓から見えるみなさんのお顔。
そしてこの風景。

252-2.jpg

ウオオオオ!強烈に切ない。仔牛の気持ちが今なら分かる。

また来れるのは何年後だろう…。

252-3.jpg

なんて事を思いながら、みんなのお顔が見えなくなるまで
バイバイをしたのでした。

今回、残念ながら会う事ができなかったお友達にも
しばらくオックスフォードに残るMICKYを通して
お手紙とニホンからのお土産を託しておきました。
ありがとうMICKY。

久しぶりに再会できたお友達やファミリー、街並。
みんな、あの時と変わらず接してくれた事が
とても嬉しかったのでした。

252-6.jpg

また、来よう。

おセンチメンタルに浸っていたのもつかの間…。

バス、進まん。。。
見事、高速に入る手前で工事の信号に捕まりました。
この信号、青にならない事30分以上。
イライラ。
コンニャロ~!!

252-4.jpg

私の美しい思い出はこのバカ信号によって
怒りへと変わったのでした。

McCaw Allan アイリッシュリネン (レディース刺繍)ハープLBL403『アイリッシュリネンハンカチ』
別れで涙が出たら外国人っぽく鼻もかんじゃおー!


↓ポチッ!皆様のクリックがランクに反映致します!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

251:懐かしく美しいお友達との再会

251-1.jpg

ラーレの携帯がなる。
MICKYが連絡してくれた懐かしのクラスメイトからです。

ラーレが嬉しそうにお外まで迎えに行きます。
ヒャー!!

お久しぶり~~。
来てくれたのはブラジル人のダンサー
ご家族で留学しております。

251-2.jpg

このファミリー、かなりの美しいファミリー
ダンサーの美しいお母さん、作家の優しいお父さん、
美と賢を兼ね備えた娘(20歳)。
そして将来かなり期待のもてる美少年の息子(10歳くらい)。
という構成です。
そう、まさに絵に描いた様なステキなファミリー。

今回は同じクラスだったお母さんが来てくれたのです。

そのスタイルの良さと美しさっぷりは変わっていません。
クラスの中でも年上という事でみんな何かと
頼りにしていた存在。
それにつけて、気さくなので私にとっても心に残っている
お友達の一人なのです。

ハァ、ハァと息切れしていたので、どうしたのかと
思っていたら、「この前新しく買った
かなりの修復が必要なので売ってきてその手続きが…」という。
規模がデカイ。

そして、娘の大学進学の為に国籍まで変更中なのです。
ヨーロッパ国籍であると学費が断然安いらしいのです。
規模がデカイ。

家とか国籍とかなんだかグローバルなお話しを
大根を買うが如く、住所を変えるが如くお話しするので
抵抗なく聞いていましたが、よく考えるとすごいです。

251-3.jpg

そしてこれまた手土産を頂きました↓

251.jpg

ニホンにはナイ道具。

コレ、テーブルの上のパン屑をとってくれる
道具らしいです。
ラーレも知っていたからトルコでも売っているのかも。

お店でみかけてもマッサージの道具かしら~としか
思わなかった事でしょう。
また、一つ学びました。

私がニホンから持ってきたお土産はこの時、底をついたので
何もプレゼントできなかった事が悔やまれます。
ホストファミリーにちょっとあげすぎた。返せ。

251-5.jpg

みんなで写真をとりまくり、おしゃべりし、
楽しい時間はあっという間に過ぎていったのでした。

●便利なコンビニ後払いが可能!リトル・ダンサー DTSエディション『リトル・ダンサー』少年、踊る、踊る。

↓ポチッと押して頂けるとランクが繁栄いたします!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

250:ラーレとの再々会

250.jpg

ラーレの行きつけのカフェに到着。
第一回目の再会でおごってもらったから
ラーレにごちそうしようと申し立てたのに断られました。
どこまでも律儀な女、ラーレ。
私も、こんな女になりたい。

ラーレはたくさんおしゃべりしてくれます。
留学時代からお話し上手だったラーレその力は衰えていません。

今回も「ワンデーイ…」とひっそりとお話しははじまりました。

そのお話しを聞きますと、
どうやらお仲間と職員室に忍び込み、
先生のカバンから試験用紙を盗み見
テストで良い点を採ったらしい…。

250-2.jpg

相変わらずのカワイイおてんばぶりにそのかなりの悪行も
笑えてしまいます。

ラーレ、健在。

そういえば、気になってたラーレが20kg減したダイエットの
お話し
も聞いてみました。

ラーレ曰く、「フランス人はみんなやってる」方法らしい。

なにやら病院にて菌を腕に注射して、
少し食事制限をするとみるみる痩せたらしいです。
トルコにホリデーで戻ったらまたやるわ~と言っていました。
聞けば簡単。やるには費用がかさみそうな香りが致しました。

250-3.jpg

だって、ラーレのご実家はたいそうなお金持ちなのです。
お父上様は2回程誘拐されちゃったご経験もあるという
私なんかは想像もつかない世界のお方なのです。

そんなお話しをしつつ、しばらくすると、
ラーレの弟ちゃんの熊五郎くんも来てくれました。
熊五郎についてはこちら☆

250-4.jpg

ワー、ひとまわり大きくなって~。
わが子を見る目でみてしまいます。
熊五郎くんはお忙しく、しばらくしてそそくさと
お出かけしてしまいました。

そして、MICKYが連絡をとってくれていた留学時代の
もう一人のクラスメイトにも今回、会える事に!
ラーレも同じオックスフォードにいながらも
なんと一年くらい会ってないとの事。

250-5.jpg

再会ってワクワクします。

話し上手のひとこと英会話『話し上手のひとこと英会話』
ひとことと言わず、ふたことみこと教えてください。


↓ジワーリジワリと上昇中?ポチッと御願します!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

249:ラーレとの再々会

249-1.jpg

ラーレとの再々会の時間になったので
またもや待ち合わせの定番、カーファックスへ。

ふとカーファックス横のお店をみると
ラーレが何やら買ってます。

「ラーレ~!!」と呼ぶと、またキラキラな
お目目でさっき買っていたものを渡されました。

なんとラーレったら早めに来て、
私達に手土産を買っていてくれたのです!
ラーレからプレゼントされたものはコレ↓

249-2.jpg

『ターキッシュデライト』なるトルコのお菓子です。
木の箱に入ったカワイイパッケージ。

そういえば、行きの飛行機でみた『ナルニア国物語』の中で
少年がこのターキッシュデライトを食していました。
この場面の後すぐ寝たので映画は全く覚えていませんが
少年のうまそうに食べる顔だけ記憶にございます。

頂きました所、グミとゼリーの中間のような
感触で、普段甘いものはあまり頂かないわたくしには
少し甘いお味。

でも、ラーレのその優しいお心遣いにホロリ。
義理と人情の女、ラーレ。

249-3.jpg

ラーレの行きつけだというカフェに行く事に。
センターを抜けて歩いていると、ラーレが嬉しそうに
「みて!みて!」と指差します。

見ると、ティーンエイジャーな少女たちが
大げんかをしています。
汚いお言葉を次々発しています。

ラーレはプププッと笑って楽しそう。

249-4.jpg

わたしもついついシャッターを押しちゃいました。

249.jpg

丸く輪を作っているおなご達。
この時はまだ口ケンカ中。

249-5.jpg

ついには髪を引っ張り合うというおぞましい光景に。

外人のケンカってこわいな。
道行く人がケンカを止めに入ってもますますヒートアップ。

終末まで見物したかったのですが、
ラーレとの時間のほうが大切です。
カフェへと道を急いだのでした。

ロクムフルーツミックス4箱セット (海外お土産・おみやげ)ターキッシュデライトお試しあれ!

↓ポチリッ!!少しづつ上昇させて頂いております!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

248:ニュースポットニューフェイス

248-2.jpg

OH!BON!より復帰いたしました。

248-3.jpg

早速、まだまだ続くオックスフォードの再会の旅のお話。

街探索は続きます。
オックスフォードキャッスルなるものが誕生しておりました。
ホテルやレストラン、カフェなどが入った複合施設です。

留学時はず~っと工事中だったのですが、イギリス人頑張った!
完成しておりました!

248.jpg

キャッスルだけあって石の重厚な建物が活かされております。
景観を崩さず、昔の建物を利用するという街づくりは
是非、ニホンも見習いたいものです。

さて、肝心の中身ですが、雰囲気は城というより、
アウトレットっぽいのですが地元の人達もカフェなんかで
くつろいでいてなかなかの盛況ぶりです。

オックスフォードの新しい顔となるでしょうか。

オックスフォードキャッスルを出て再びセンターの方に向かうと
「MICKY!!」と呼ぶ声が。

振り向くと、私の知らないお顔のおなごが。

248-4.jpg

MICKY曰く、私が留学を終えてオックスフォードから去った後に
イタリアから来た子だったのです。
MICKYとはお友達。

私も初めまして~とご挨拶。
すると、「あなたmomoでしょ?」と言われたのです。
まあ、なんで知っているの?と尋ねると
「フェイマス」といわれました。

フェイマス…。

知らなかった。この平凡な三十路の女がフェイマスだとは。

248-5.jpg

何でフェイマスなのかは謎のまま、
しばらくオックスフォードに滞在するMICKYとその子は
再会を約束してバイバイをしました。

新しいオックスフォードに新しいお友達。
ニューなものにも出会えた街探索でした。

ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 SPECIAL EDITION『ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版』
いい~映画です。


↓復活!急降下につきポチッとお願い致します!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

OH!!!BON!!!!

OH!BON!というおヴァカンスに入らせていただきます。
チョットの間お休みさせて頂きます~。
来週半ばには復帰させて頂きます~。

OH! BON!の予定。こういう事をしてみます。

OH!BON!.jpg

みなさまも良いヴァカンスを~。

↓おヴァカンス前にポチリ御願致します!!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

247:ロイヤルメール

247-1.jpg

オックスフォードの中心にある郵便局

こんなかわいいエンブレムの付いた石の建物が郵便局。

247-5.jpg

さすがロイヤルな雰囲気漂う~。

247-6.jpg

折しも、ワールドカップ真っ最中のこの時。
フットボールグッズがわんさか。

247-3.jpg

郵便局のくせにこんなグッズが充実の品揃え。
家電とかも売ってます。
何がしたいのか…郵便局。へんなの~。

郵便局オリジナル封筒一式
郵便局グッズはシンプルでかわいいのです。

247-2.jpg

窓口は相変わらずのすごい行列
留学時から、かなりの混み具合だったのですが
今も解消されずにいました。

これはポスト
イギリスの歴史ある重厚さを感じます。
デカイ。

247-4.jpg


247-7.jpg

でも届かない。それがロイヤルメール。

UKロイヤルメールフリースジャケットロイヤルメールフリースジャケット!
これであなたもUK郵便屋さん


↓ポチリ!!応援、宜しく御願致します!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

246:カバードマーケットで見つけたアレやコレ

246-1.jpg

引き続き、カバードマーケットを探索。
こんなもの見つけました編。

以前にもご紹介したことのあるゴージャスなゴム手袋

留学時発見のゴージャスゴム手袋↓
以前ご紹介記事はこちら☆
188.jpg

さらにゴージャス加減を増しておりました。

246.jpg

というよりなんか娼婦風。

246-8.jpg

そして、おネギ
246-3.jpg

イギリスにおネギってあったんですね~。
知りませんでした。
でもニホンのより随分頑丈に育っています。
イギリス風ではどのように食すのでしょうか。

246-6.jpg


カフェのガラスケースに並べられたおジャガ
246-2.jpg

これはおそらく私が留学時代これでもかと
食べさせられたジャケットポテトとなるのでしょう~。
ジャケットポテトに苦しんだ日々はコチラ☆

こちらの写真ではこのおジャガの大きさを
お分かり頂けないと思うのですが
こんなくらいの大きさです。
246-7.jpg

番外編
Sainsbury'sの冷凍食品売り場にて
まるごと冷凍鳥みつけました。
ゴンロ、ゴンロしております。
246-5.jpg

さすが、欧米。規模がでかい。

いろんな発見がある楽しいカバードマーケットでした。

VOW全書(7)まちでみつけたヘンなもの『VOW全書7』
VOW好きです。


↓ポチっとクリック御願致します~!!!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

恐れ入ります。

アレモコレモ~。
しばらく、バタバしております~。
本日も休憩いたします~。
busy.jpg


↓恐れ入ります…。ペコリ、ポチリ。
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

245:マジパン屋さん再び

245-6.jpg

オックスフォードで私が大好きなカバードマーケット
今回もちょっと覗いてみました。
カバードマーケットについてはこちら☆

このマーケットのお気に入りのマジパン屋さんを
訪ねると、お店が大きくなってマーケット内で
移転しておりました。
過去のマジパン記事はこちら☆

大きな作品も飾れるようになって作業場も広くなって
リニューアルです。

おねえさんまで少し大きくなってリニューアル中。
作成中のブツはシンプソンズ家の家長、ホーマーでは
ないでしょうか。
245.jpg

そういえば、留学中にホームステイ先でシンプソンズが偶然
放映されていたので見ていたら、「これ、好き?」とマザーに
聞かれ「ウン」と答えたのです。
するとマザーが「これは若い子がみる番組ねェ~」と
言いながら、娘1号と顔を見合わせていた事を思い出しました。

245-4.jpg

そんな苦い思い出は置いといて、
時事もののマジパンをご紹介。

245-2.jpg

ゴール部分を食べるのは至難の業です。
コネコネ跡がある上に分厚い。

245-3.jpg

卒業証書とかカワイイ~。

245-5.jpg

すごいこまかくて見どころたくさん。

やっぱり、このお店かわいいな~。
コネコネしたい。
食べるのは絶対無理です。歯がもげる。

ビバリーヒルズフォーミュラ薬用歯磨き粉「医薬部外品」今の歯の色に満足してますか?甘いものの後には英国産
ビバリーヒルズフォーミュラ薬用歯磨き粉


↓暑いですが、ポチッと御願致します!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

244:ラーレとの再会

244.jpg

カフェに入り、注文をするためにレジに並ぶ。
ラーレが「何にする?」というので、カフェモカにするというと
私とMICKYの分まで注文してお会計しようとするのです。

断るもラーレは10ポンドをヒラヒラちらつかせて
任せろという風に微笑んでいます。

244-2.jpg

ラーレ、相変わらず男前です。

ありがたくごちそうになります。
ラーレは今、とっても忙しいらしい。
書かなくちゃ行けないレポートがたくさんあるし~
学校もおもしろくないし~、先生も~グチクチ、
グチっておりました。

ここで、早速ラーレのために買ってきたお土産を
お納め頂く。

244-5.jpg

日本の文房具技術は世界に誇れるので文具ものを
セレクトしました。
中にキティーの携帯電話にはるシールがあったのですが、
(こちら100均でみつけたもの)キティー好きのラーレちゃん、
お目目をキラキラさせて「キチィ~~!!!」
叫んでいました。

244-3.jpg

こう聞こえる発音がまた、かわいい。

こんどは日本でキチィーグッズを大人買いしてこよう。

244-4.jpg


MICKYからは海苔のお土産。
なんでもラーレの大好物らしい。
渋いな、ラーレ…。
とってもご満悦。

そして、このブログのイラストを
プリントしたものも渡す。
「ラーレは私のブログで人気なのだよ~」と教えてあげると
嬉しそうにプリントをノートの間に挟んで持ち帰っていました。

そうこうしているうちに、
ラーレが学校戻らなければいけない時間になりました。
当初、ラーレに会える時間はこの時だけだったのですが
ラーレちゃん、急遽、昼一の授業だけ受けて、
その後はさぼる事に。

また後ほど会う約束をして次の再会まで
私とMICKYはまた街探索にくり出したのでした。

244-6.jpg

久々のラーレはかわいさ満載、
男らしさ満載の香ばしい女でございました。
再々会編もございます。

男山 御免酒 1.8L男山 ラーレの男らしさにはかなうまい

↓ポチッとクリックで応援御願致します!!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

243:ラーレとの再会

243-7.jpg

いよいよ、ラーレと会える~。

ラーレちゃんはトルコから来た女の子。
語学学校で私が初めてしゃべったのがラーレ。
現在もオックスフォードでお勉強中。
(ラーレについてはこちらこちら

243-2.jpg

そんなラーレに今回、久々の再会!!

この日は平日でラーレは学校です。
ホリデー前の忙しい時間を裂いて
ランチタイムに会いにきてくれました。

待ち合わせは、留学時代の待ち合わせ場所であった
カーファックス。
(カーファックスについてはこちら

早めに着いて待っていると、ニコニコしたキラキラお目目が
こっちにやってくる!!
243.jpg


ラーレだ~!!!!!!

ガシッとハグをして
再会を確認。

243-3.jpg

久しぶりすぎて、わけもなく興奮状態に陥る私達。
一時、トランス状態に。

243-4.jpg

ラーレはかなりファッショナブルな女に変身。
乙女です。

243-5.jpg

でも、そのカワイイ雰囲気やニコニコ笑顔は変わってません。
「ラーレ、すごくファッショナブルになったね!
でも、変わってないね~」というと、
ラーレは自分のを自慢げに指差したのです。

243-6.jpg

そう、ラーレはなんと20kgの減量に成功したのでした。
その噂は聞いてはいたのですが、
確かに少しやせた感じがす…る。
ラーレは自慢げな笑みを浮かべます。
この過激な減量数値がラーレらしい。

立ち話もなんなので、再会の興奮さめやらぬまま、
カフェへと向かったのでした。

地球の歩き方(E 03(2006~2007年)『地球の歩き方イスタンブール』絶対行く!!

↓ポチッと押すといろんなものが上がります。
(ランク、テンション)
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

242:Sainsbury'sの進化

242-2.jpg


オックスフォードにあるスーパーマーケットの一つ、
ご存じSainsbury's
留学時には陰気くさく、いまいち好きではなかったのですが、
あまりSainsbury's を良く思ってない記事はこちら☆
今回、立ち寄ると、大改造をほどこしてありました。

<ビフォアー>
154.jpg

    ↓↓この陰気くさい入口が約2年後には↓↓
<アフター>
242.jpg

パァアアア~。
なんという事でしょう~。
狭かった間口がこんなに開放的に~。

242-6.jpg

店内も明るく見やすくレイアウトしてあります。

さ、さらにこんな装置導入。
242-3.jpg

セルフチェックアウトです。
自分でピッ、ピやってカードで支払う仕組みみたいです。
これで夕方時の混み混みSainsbury'sは
解消されたのでしょうか。
万引きできそう。

さらに、さらにこんな装置も!
242-4.jpg

あったかい棚。
買ってすぐ食べれるじゃ~ん!!
しかし、ちょっと危険、手をいれたら
結構なホット加減でした。

242-5.jpg

こんなにも進化してるなんて、、、
ちょっと驚きのSainsbury'sでした。

絵でわかる進化論『絵でわかる進化論』学ぶ、進化

↓夏バテ~~。クリックでお元気に!!!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

ばてております。

最近、駄目です…。
この暑さによる体力低下が著しいです。
本日も…、

kekkin.jpg

いたします。

本日、わざわざこんな小汚い所へおこし頂いて申し訳ないので
載せそびれたオックスフォードの学生さんのお姿を
御覧ください…。

gakusei.jpg

フムフム。

それでは本日は失礼致します。バタッ。

↓恐れ入ります…。恐縮です…。
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

241:学校へ行く

241-2.jpg

ホームステイ先からラーレに会うために街の中心へ。
ラーレとの待ち合わせまで時間がまだ少しあるので
懐かしき語学学校へ行く事に。

この日は学校が午前で終わる曜日だったので、
先生たちがいるかチョット不安。

玄関は無謀にもあけっぱなしだったので
中に潜入。

241-3.jpg

職員室をノックして中をのぞくも
だれもいないご様子です。

あるドアの閉まった教室の中から、お話し声が聞こえます。
今となればノックくらいしてのぞいたらよかったと
思うのですが、その時はさっぱりあきらめて、
とりあえず懐かしい学校をひとまわり。

241-4.jpg

私がいた時よりもパソコンの数が増えております。
あの時の奪い合いの戦場化したパソコンルームは
閉鎖されたおりました。

おトイレも拝借。
まだこんな使い方する人いるのでしょうか…。
ちょっと疑問。

241.jpg

もう一度職員室を覗くも、やっぱり先生達は
いないので、学校を後にしたのでした。

学校を出てトコトコ歩いていると、見たことのあるお顔。

ななななんとカパカパです!!
241-5.jpg

カパカパについてはこちら☆
←もしくはBlog内検索にて
『カパカパ』と入力してみてください。

まさか、カパカパに会えるなんて思ってませんでした。
というよりその存在を忘れていたくらいです。
「私の事覚えてる?」と聞いたら「イエ~ス」と言っておったが
おそらく覚えているまい。
挨拶程度に会話をしてカパカパとグッバイ。
カパカパ言いながら消えてゆきました。

学校への思いでの旅はなんだか先生に会えず終いで
消化不良ではあったもののカパカパという、
サブキャラ的存在に出会えてヨカッタ。
という事にしておきます。

241-6.jpg

メインキャラ(女ボス)についてはこちら☆

北島三郎/大いに唄うVIII『北島三郎/大いに唄うVIII』
サブはサブでもこちらは大御所


↓ポチっとクリックお忘れにならないでください~!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

240:マザーと雑談

240.jpg

ひさしぶりの我がイギリスの家。
イングリッシュファミリーについてはコチラから
この日、気温は30℃に近いくらいの真夏日。

マザーはレモネードを作ってくれています。
その間にリビングを舐める様に見渡す。

240-2.jpg

変わってないな~。

変わった事といえば、ソファーに置かれた
山のようなおもちゃの数々
ベイビーがいかに大きくなったかを表しているかのようです。

マザーが持って来てくれたレモネードを飲みながら
お互いの近況やこの旅の事を話す。
いまいち噛み合わない場面に多数遭遇するが、
この際、なんでもいい気がしてきたのです。

会話がつまったので、日本からのお土産を渡す。

240-3.jpg

主に100均で買い集めた品にうれしそうにして頂く。
恐縮です。
みごとにファザーの買い忘れた…。
ホテルに忘れた事にしておきました。

そして、ベイビーの写真を拝見。
まあ~~~、かわいい!!
この世のものとは思えません。

240-4.jpg

しゃべるんですって~。
ベイビーがこの場にいたら誘拐していたでしょう。
いなくてヨカッタ。マザー、正解。

そんなこんなで30分程雑談したでしょうか。
のこのこアイツがやってきました。
そう、凶暴ネコです。
ひとまわりでかくなってる!

240-5.jpg

あいかわらず噛むかな~と試しに撫でたら
見事にやられました。

その後、お庭をみせてもらったり、なんやかんや
しているうちに実はラーレちゃんとの再会の時間が
迫ってきたので、ホストファミリー宅を後にしました。

240-6.jpg

サヨ~ナラ~!
やっぱりいまいち心が通じ合えてない。そんな気がした
久々の再会だったのです。
あの凶暴ネコとはいつか決着をつけなければ。
また、来るのか?と問われればビミョ~でございます。

イギリスホームステイ物語『イギリスホームステイ物語』どんな物語かしら~?

↓今日から8月!記念にポチッ!とお願いします!
☆人気ブログランキング参加してます☆
[PR] 台湾ホームステイ

 | HOME | 

Attention

イラスト及び写真は無断で転写、転用、転売する事を禁止致します。 momo

イラスト及び写真は無断で転写、転用、転売する事を禁止致します。 momo

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<--すべての著作権はmomoyoに属します。禁無断転載copyright (C) 2005 Momoyo All rights reserved-->